3jp

広大なアメリカにおいて、壮大さにかけてはナンバーワンを誇るグランド・キャニオン国立公園。そんな数多くの観光客が訪れる同公園で、信じらない光景がビデオに収められた。

なんと、ある観光客が、崖へめがけてリスを思いっきり蹴り飛ばす様子がとらえられたのだ! そして激怒した動物愛護団体が、犯人逮捕のために約150万円の懸賞金をかけたという。犯人の卑劣な行為は、動画「10,000 Dollar Bounty Offered By Peta For Man Who Kicked a Squirrel Off the Grand Canyon 」で確認できる。

・グランド・キャニオンの崖からリスを蹴り飛ばした男

元々ジョナサン・ヒルデブランドという男性によって、YouTube に投稿された15秒ほどの動画には、パンツ一枚と帽子のみを身に着けた男性2人が映し出されている。

観光地で下着一枚になるところからして常識外れだが、まず黒いトランクスをはいた方が、リスをおびき寄せるために崖っぷちにパンくずを置き始めた。そしてリスが近寄ってくるとわざわざ靴を履いて、なんとサッカーボールか何かのように、崖めがけて思いっきりリスを蹴り飛ばしたのである!! あの高さから蹴り飛ばされたリスが、生きている可能性は低いだろう。

・犯人はフランス人!?

ジョナサンさんは YouTube に、「何が起きているのか気付いた時には遅かった。彼らが誰だか分からないけどフランス人だ」と書き込んでいたという。しかしオリジナルの動画は、すでに削除されている。

・動物愛護団体が男を150万円の賞金首に!

そして、この劣悪な行為に黙っていなかったのが、動物愛護団体 PETA である。彼らは犯人逮捕につながる情報を提供した者に、1万5000ドル(約150万円)の懸賞金を支払うと発表。もし犯人が捕まった場合、野生動物を虐待したとして、連邦法により最長6カ月の禁固刑、もしくは最高5000ドル(約50万円)の罰金が科せられる可能性もあるとのこと。

・ネットユーザーの悲痛の声

動画を見たユーザーからも、数々の怒りと悲痛の声が寄せられているので、いくつか紹介したい。

「リスじゃなくてモモンガであることを祈る」
「動物虐待の次は、暴力の対象が人間に向くわよ」
「こいつは、今までにもたくさん動物を虐待しているんだろうな。じゃないと、とっさにこんなことできるはずがない!」
「犯人を捕まえたら、リスと同じ目に遭わせてやればいい」

わざわざ餌でリスを誘き寄せて計画的に虐待していることから、犯人の残虐性は相当なものだと思われる。犯人がフランス系カナダ人である可能性もあるため、PETA はヨーロッパ支部だけでなくカナダ支部にも協力を得て、犯人の捜索に尽くしているそうだ。

参照元:YouTubeMail OnlinePETA(英語)
執筆:Nekolas

▼グランド・キャニオンの崖から、リスを蹴り飛ばした男のニュースを伝えた動画はこちら

▼観光地で、下着一枚になるところからして普通ではない
1jp

▼リスを蹴り上げる瞬間
2jp

▼崖に落ちていく可哀想なリス……本当に残酷過ぎる!!
3jp