3

時代に敏感でユーモア感覚抜群な女子高生。日本に限らず、世界の女子高生たちも不思議な流行を次々と生み出しているようだ。

最近、韓国の女子高生たちの間でアツく盛り上がっているのが、お菓子の袋や箱を「リュック型」にする遊び。お菓子をリュックに詰めるのではなく、お菓子自体をリュックの形にし、それを背負ってしまうのだという。

・お菓子なら何でもアリ

お菓子のパッケージが丸見えなので、普通なら恥ずかしくて持てない代物だが、おもしろさ優先の彼女たちはこれが良いのだとか。リュックの素材となるお菓子は、ポテトチップスやえびせんなどのスナック菓子をはじめ、クッキー、チョコパイ、グミ、5個入りパックのヤクルトなど何でもアリ。腕を通すひもの部分も、小分けの一列に繋がったお菓子で作るなど徹底的だ。

・友だちへの誕生日プレゼントに最適

このお菓子リュックは、ある女子高生が、友だちの誕生日のために作り、それをフェイスブックに掲載したことで話題に火が付いた。今では韓国のインターネット上に、お菓子リュックを背負う女子高生の写真が次々と掲載されている。お金がかからないので、義理のプレゼントにも最適なんだそうだ。

・使うのはお菓子と、ハサミ、透明テープだけ!

準備するのは大量のお菓子と、ハサミ、透明テープ。お菓子はパッケージに入った状態で形を作っていくので、中身を開けてはいけない。箱入りのお菓子を用意すれば角張ったリュックが、袋入りのお菓子を用意すれば、丸みの帯びたリュックができるので、自分が作りたいリュックを想像しながらお菓子を用意するといいだろう。この時、腕を通す「ひも」の部分になる、一列に繋がったお菓子を忘れずに。

・作り方は簡単

1.どんな形のリュックにするか考えつつ、ベースを制作。底なる部分は箱のお菓子が最適だ。

2.ベースができたら、立方体になるよう、袋のお菓子をテープでつなげていき、高さも出していく。

3.リュックのふたになる部分は、キットカットの小分けの袋をテープでつなげるなどして調節。ふたは片側だけを貼り付けると、容量は小さいが、ちゃんと物が入れられるようになる。

4.肝心なのは “ひも作り” 。余裕を持って長めに用意しないと、リュックではなく、背中に亀の甲羅が張り付いたように見えてしまうので要注意。

5.完成! リュックの中に飴やガムを入れると充実度がさらに増すぞ。

韓国の女子高生の間で話題沸騰中のお菓子リュック。持つのはちょっと恥ずかしいかもしれないが、友だちの誕生日会やちょっとしたパーティーに作っていけば、盛り上がること間違いなしだ。

参照元:gasengi.comネイバーブログ(韓国語)
執筆:レイチェル

▼流行のきっかけとなった写真。「いいね!」が大量に集まった。
1

▼海外でも話題に
2

3

▼お菓子とハサミと透明テープを用意!
4

▼ベースを作るぞー!
5

▼底はしっかりと固定
6

▼高さを出していく
7

8

9

▼中にスペースを作る
10

11

▼ふたは小分けのお菓子で微調整
12

▼ひもは長さが重要
13

14

▼できた!!
15

16

17