一体、人間の心の闇はどれほど暗く深いものなのか? 残虐な犯罪を見聞きするたびに、私たちはそんな疑問を抱く。何が彼らをそこまでさせたのか? なぜそこまで残酷になれたのか? ──答えのない問いが次々と湧いてくる。

そこで、今回お伝えするのは海外サイトに掲載された『世界の殺人鬼25人』だ。ショッキングな内容であり、そんなの見たくないという人もいるかもしれない。しかし、人間がいかに残酷になれるか忘れないためにも、ぜひ目を通していただきたい。

1. デビッド・バーコウィッツ

アメリカの連続殺人者。1976年から1977年にかけてニューヨークで人々を襲い、6人を殺害、7人に重軽傷を負わせた。被害者に性的暴行を加えず、金品の強奪なども行わなかったが、「サムの息子」という名で警察やマスコミにデタラメな内容の手紙を送りつけたことで有名。1977年8月に逮捕された彼は罪を認め、懲役365年が言い渡される。

2. エドモンド・ケンパー

1970年代の米カリフォルニア州で連続殺人を行った人物。幼いころから残虐な面が見受けられたと言われている。15歳の時に自身の祖父母を殺して精神病院に入院するも、1972年にヒッチハイカーの女性などを殺害。

母親とその友人も自らの手で葬り、その後警察に出頭した。1973年11月に有罪判決が下されており、彼自身は死刑を望んだが終身刑が言い渡された。あわせて10人殺害したことになる。

3. ローレンス・ビッテイカー&ロイ・ノイス

通称 “ツール・ボックス・キラーズ” と呼ばれたこの2人組。1979年、カリフォルニアで5名の若い女性を殺害した。被害者をバンに乗せ、人けのない場所に出向いて強姦(ごうかん)して殺害するのが手口。殺害する前に様々な道具で被害者を痛めつけたと見られている。

1981年、ノイスが友人に犯行について話したことから2人は逮捕される。司法取引に応じたノイスは、ビッテイカーについて供述したことで死刑を免れ、終身刑となった。一方のビッテイカーは死刑となっている。

4. イアン・ブレイディ&マイラ・ヒンドリー

1963年から2年間、イギリスのグレート・マンチェスターで5人の未成年を殺害した2人組。被害者は10歳から17歳の少年少女で、性的暴行が加えられてから殺害された。3人の遺体がサドルワース・ムーアの墓の中から、最後の被害者の遺体はブレイディの家から発見された。4人目の被害者キース・ベネットの遺体は発見されていないまま。

両者とも終身刑となり、2002年ヒンドリーは獄中にて死亡。ブレイディは、アシュワース高度保安病院に入院している。絵本作家エドワード・ゴーリーは、2人をモデルにした絵本『おぞましい二人(The Loathsome Couple)』を発表している。

5. ケネス・ビアンキ&アンジェロ・ブオーノ

1977年〜1978年にかけて、カリフォルニアを恐怖に陥れた2人組。10人の12歳〜28歳の女性が、彼らによって性的暴行を受けた後に殺害された。ロサンゼルスの丘に遺体を遺棄したことから “ヒルサイド・ストラングラー(丘陵地帯の絞殺魔)” と呼ばれていた。1978年に様々な遺留品から逮捕されたこの2人は、いとこ同士だった。

6. デニス・レイダー

米カンザス州で10人殺害した人物。犯行時期は1974年〜1991年で、地元新聞社や警察に “BTK” と名乗って犯行声明を送っていた。これは「縛る(bind)、拷問する(torture)、殺す(kill)」の頭文字をつなげたもの。家に押し入る前に被害者をこっそり付け回したり、殺人現場から “記念品” を持ち帰るなどの特徴があった。

2005年にテレビ局に送りつけたフロッピーディスクに残された情報がきっかけで逮捕されることになる。事前に「フロッピーディスクから身元が割れるか」と警察に問い合わせており、「残らない」との回答を信じたのだ。10件の殺人容疑で起訴され、終身刑が宣告された。

7. ドナルド・ヘンリー・ジャスキンズ

背が低く、小さなころから “ピーウィー(ちび)” と呼ばれていた彼。自分の本当の名を知ったのは10代になってからだったという。一連の殺人を始めたのは1969年のことで、米南部の海岸沿いのハイウェイでヒッチハイカーを拾っては、残酷に痛めつけてから殺害していた。

1975年、2人の若い男を殺しているのを見たとの目撃証言から逮捕される。8体の遺体が発見されたことから、殺人容疑で終身刑が言い渡された。ジャスキンズは90人近くを殺害したと供述していたという。1982年には重犯罪刑務所内でも殺人を行い、死刑となった。

8. ピーター・マニュエル

アメリカに生まれるが、故郷であるスコットランドに一家に移り住む。1956年〜1958年の間に、スコットランド南部で9人を殺したとされているが、実際の被害者の数はそれ以上なのではないかと見られている。

早いうちから警察に目をつけられていたが、長いこと決定的な証拠に恵まれなかった。しかし、最後の犠牲者が所有していた紙幣を使用したことで逮捕につながり、1958年に絞首刑で他界する。

──残る世界的な殺人鬼は17人。続く9人目からは次ページ(その2)に掲載したい。

参照元:YouTubelist25(英語)
執筆:小千谷サチ