36499c1d2864qV5njAqZ
効果のほどは別として、世の中には星の数ほど「バストアップ術」が存在する。そのなかでよく挙げられるのが「豆乳を飲む」である。豆乳には女性ホルモンに似た構造の「大豆イソフラボン」が含まれるので効果があるとされているのだ。

そのバストアップ効果が思いもよらぬ人にも現れてしまったそうだ。それは40代の男性。毎日豆乳をガブ飲みしていた結果、胸が猛烈に成長! Dカップブラでもハミ出すほど大きくなってしまったというのだ。

・健康オタクの劉さん

胸が成長したというのは、中国浙江省在住の男性・劉さんだ。劉さんは40代。そろそろ老後も気になる年頃、同年代の健康オタク同様、健康にはかなり気をつかっていたらしい。

・水や酒代わりに豆乳をガブ飲み

そんな劉さんは健康のために豆乳を飲んでいたそうだ。朝起きてまず1杯。水のように豆乳を飲む。そればかりか、酒の席でも豆乳を飲むという徹底ぶり! そんな生活を2年ほど続けていたという。

・胸がDカップサイズに

そんな生活を続けていたところ、劉さんの胸になんだか膨らみが。2年間で猛烈な勢いで成長をしたのである。その膨らみはCカップを悠々と超え、ついにはDカップブラでもハミ出す大きさに! 妻よりも大きくなってしまったというのだ。

・イソフラボンの摂りすぎによる発育

当初、劉さんは「この胸の膨らみは “中年太り” によるもの」と信じていたそうだが、病院に行ったところ「イソフラボンの摂りすぎによる乳房の発育」であることがわかったのだそうだ。

・医師は注意喚起「女性ホルモンの過剰摂取は良くない」

確かにイソフラボンは女性ホルモンと構造が似ていることが知られているが、まさか、男性の胸が膨らむなんて……!!

ということは、「バストアップを目指す女性は豆乳をたくさん飲めばいいんじゃないの?」……と、思ってしまうが、飲みすぎはかえって体に悪いと医師は注意を促している。

・過ぎたるは及ばざるがごとし

鄭州人民医院・乳腺外科主治医の李新氏はこうコメントしている。

「女性の体は元々、女性ホルモンを多く分泌しています。そこにイソフラボンを摂りすぎると、軽くて乳房の腫れや痛み、重いとしこりの原因にもなるのです」

「近年、乳がんの発症率が高まっていますが、患者を検査すると、体内の女性ホルモンが過多となっており、がん発症と密接な関係があると考えられます。女性ホルモンの過剰摂取は女性の健康にいいとは言えないということです」

確かに、日本でもイソフラボンの過剰摂取には警鐘が鳴らされており、食品安全委員会からも「1日の上限摂取量は70~75mg、食事にプラスして特定保健用食品から摂取する量は30mg」という決定を発表している。やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」だ。

なお、豆乳の飲みすぎで胸が大きくなってしまった劉さんは、乳腺と脂肪組織の切除手術を行ったそうだ。もとの平らな胸を取り戻したとのことである。

参照元: 文学城中国新聞網(中国語)
執筆:沢井メグ