DSC04223

スマートフォンはいつでも、どこにでも持ち歩くものである。だから、液晶画面にキズがつくこともあるだろう。落として壊してしまうこともあるだろう。誰にも見られたくないぐらい指紋でベタベタになることもあるだろう……って、気になるなぁ~、オイ!

おっちょこちょいな記者(私)は、探していた。記者のスマホを守ってくれる神のような存在を……そして、ついに見つけたのであるッ!!! 本気すぎるスマホ用の液晶保護フィルムを発見してしまいました、隊長!!!

・本気すぎるポイントその1

本気すぎる液晶保護フィルム、その名は『Z’us-G(ゼウスジー)』。高強度&高品質のアルミノシリケートガラスを使った液晶保護フィルムらしく、販売しているのは世界的光学ガラスメーカーの「HOYA」である。世界的光学ガラスメーカーの液晶保護フィルム……本気である。

フィルムの素材を公表していないメーカーが多いなか、ちゃんと素材を明記している。しかもスゲェ強度の素材。もう一度言うけどアルミノシリケートガラスはスゲェ強度。コレはきっと、「HOYA」は本気(ガチ)で作っている(確信)!

・本気すぎるポイントその2

あまりにも本気すぎるので、製品の特徴を簡単にいうと次のとおりだ。

1. キズに強く、表面硬度が高い
2. 落下にも強い、割れにくい素材
3. スムーズなタッチ感、汚れにくいコート仕様
4. 簡単装着、しかも気泡が入りづらい

・本気すぎるポイントその3

ここまででもかなりすごいニオイがプンプンしている『Z’us-G』だが、その本気度はノンストップ。上記の特徴それぞれについて、実験をしてしまっているのだ。例えば、「キズに強く、表面硬度が高い」ことを証明する実験では、スチールウールに5kgの荷重をかけてシート表面をゴシゴシ。こすりまくった結果……キズついてない!

・ホントかどうか試してみた

だが、動画はマジに見えてじつは手加減しているという可能性もある。そこで、まずは日常的にやってしまいがちなスマホの傷の原因となるモノをためし、その実力を試すことにしよう。

・ペンでガリガリと

まずは、ペンでガリガリとこすってみる。よくペンと一緒にスマホを入れていたら、液晶がペンの先端でビミョーに傷ついていることはよくあるので、コレで無事だったら第一関門はクリアである。さっそくこすってみるが、見事に傷がつかなかった!

・コレでは納得がいかない

やったー! 傷つかなくてスゲェ(笑)と喜んでいる佐藤記者を横目に「このオッサンはまたクッソつまんねー実験ばっかしやがって……○すぞ……。」と静かに激怒しているのは、修羅の国ともいわれる福岡県出身の原田記者。

中学時代はジャックナイフ原田と言われていたとかいないとかのウワサのある彼は、ペンでは不十分だと近くの公園へ『Z’us-G』を持って行き、カッターナイフでガリガリしはじめた! しかしまったく歯がたたず、ガラスは無傷であった。

・伝説の剣なら斬れるのか

現代のテクノロジーを集結させ作った『Z’us-G』、正直言ってテキトーな刃物では傷をつけるのはムリである。だけどどうしても傷を付けたい! 悔しすぎる! こうなったら、こちらも現代技術を破壊できる、魔法の武器を使うしかないだろう。

……ということで伝説の剣を求めやってきたのは、日本の武士たちが眠る場所「鎌倉」。ココにはなんとあの円卓の騎士(ナイツ・オブ・ラウンド)たちを束ねるアーサー王が使用した伝説の剣『エクスカリバー』を販売している武器屋? があるというのだ。

・16800ゴールドで購入

そのお店「山海堂」では、なんと16800ゴールド(円)でエクスカリバーを販売していた! かなり高級なお値段だが伝説の剣を購入できるなら安いもの! さっそく16800ゴールドを支払い、エクスカリバーを購入した。

鋼をも切り裂くといわれるエクスカリバー、コレならいくら『Z’us-G』が強力でも、ひとたまりもないだろう。現代最強のスマホ液晶フィルム VS 古代最強の剣の戦いが幕をあけるのである!

・公園で実験スタート

……ということで近くの公園まで『Z’us-G』とエクスカリバーを持って行き、斬れるのか実験スタート! 最初はふりかぶってぶった斬ろうとするが、よく考えたらケースは無事でも魔法の衝撃で下にあるスマホが粉々になってしまうかもしれない。おそるおそるエクスカリバーを『Z’us-G』に当て、スッと斬れるよう引くと……!!!! 切れてない!!!!!

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!「エクスカリバーなら斬れると思ったが、Z’us-Gはまったく無傷だった」な…何を言っているのか わからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった…お土産なんだから刃が付いてないとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ……。

編集部での実験? でも、その実力を発揮した『Z’us-G』。ガチな実験動画はYouTubeで公開されており、誰でも見ることができる。専用機器で圧力をかけてギュンギュン曲げたり、112gの鉄球を落としてみたり……それでも無傷だなんてアンビリーバボーである。エクスカリバーをも超える耐久性、まじでパネエっす! ちなみに、今回使用したiPhone以外にも、その他iPhoneシリーズ、Xperiaシリーズ、iPad miniに対応しているらしいぞ。

参照元:Z’us-G
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

提供:HOYAサービス株式会社

▼まずはシャーペンでガリっとして傷が付かないか実験
P1690958
▼ガリガリやるも……
P1690959
▼まったく傷が付く気配が無い
P1690960
▼このオッサンはまたクッソつまんねー実験ばっかしやがって……○すぞ……普通すぎるんだよ……。とキレる原田記者
DSC04155
▼カッターなら傷が付くだろ! ヒャッハー!
DSC04184
▼ムリでした
DSC04189
▼どうしても傷を付けたいので鎌倉の武器屋『山海堂』へ
DSC04157
▼これほどまで品揃えのいい武器屋はめったにないだろう
DSC04163
▼エクスカリバーが16800ゴールドで売っている
DSC04162
▼さっそく買うことにした
DSC04167
▼さすがアーサー王の剣、素晴らしい装飾である
DSC04196

DSC04197

DSC04199

DSC04201

DSC04203

DSC04206
▼『Z’us-G』め! ぶった斬ってやるわ! MUAHAHAHAHA
DSC04210
▼やべっ、フィルムより前に俺のスマホ壊れたらアップルストア行かなきゃダメじゃん……。
DSC04211
▼なで斬りにすることにした
DSC04215
▼スッ……。
DSC04220
▼斬れてなーい!(お約束)
DSC04223
▼アップしても斬れてないぞ!
DSC04227
▼エクスカリバーでは斬れなかった『Z’us-G』、ガチな耐久性のスゴさはこちらから見られるぞ


[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]