近頃は育児を積極的に行う父親のことを “イクメン” と呼ぶが、世の中のパパさん達は、育児や家事の手伝いを進んでしているだろうか? ある研究で「父親が積極的に家事を手伝うと、娘は野心的になり人生に好影響を与える」ことが判明し、娘がいるお父さんは必読である。

・家事分担が子供達の野心に与える影響を調査

加ブリティッシュコロンビア大学心理学部のアリッサ・クロフト教授が率いる研究チームが、7~13歳の子供326人と彼らの親について調査を行った。研究チームは、それぞれの家庭の家事にかける時間と勤務時間を計算し、被験者の職業に対する固定概念と性差意識、仕事への姿勢や野心に関してアンケートを取り分析した。

・父親が家事をしないと娘の野心は減少

その結果、父親よりも母親が家事を担っている家庭が多く、父親が家事をしない家庭で育った女の子は、将来の職業として看護師や教師といった昔から女性が就いてきた仕事を好む傾向にあることが判明した。

そして、仕事をせずに専業主婦になって子育てに専念したいという女の子が極めて多かったのである。仮に父親が男女平等を公言していても、家庭内で家事を手伝わず男女平等を実行していなければ結果は同じだという。

・家事をする父親を見て育つと娘は野心的に!

一方、積極的に家事を手伝う父親の家庭で育った女の子は野心的で、将来就きたい職業の選択肢の幅も広く、高給の仕事に就く可能性が高くなるとのこと。両親が洗濯や皿洗いといった家事をどのように分担しているかが、子ども達、特に女の子の野心や性差意識を形作る鍵を握っていることが明らかになったのだ。

・家庭内の男女平等が職場での男女平等を達成

今回の研究結果は、家庭における男女平等を目指せば、女性が今まで活躍してこなかった職種を志望する若い女性が増え、職場での平等を達成できることを示唆している。

クロフト教授は、「明らかに子供は両親を見て育っています。よって父親は口だけでなく、実際に家事を手伝って実行することが大切です。特に女の子は男の子と違い、幼い頃から女性が家事をするものだと思う傾向にあるからです」と述べている。

日本は他の先進国に比べて、専業主婦の数が圧倒的に多い。しかし少子化が進み、これから社会は女性の労働力を必要としている。家庭でも職場でも役割分担にこだわらず、男女がお互いに助け合っていくことが大切なのではないだろうか。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.