tamago
私たちにとって最も身近なタンパク源である卵。目玉焼きに、オムレツ、巣ごもり卵など……いろんな食べ方があって美味しいんだよなぁ! 

しかし、専門家によると卵は調理の仕方で栄養価は変わってしまうそうだ。効率よく栄養を取るなら、ゆで卵がベスト!! しかし、同じゆで卵でも、超半熟で食べるとハゲや白髪を招く恐れがあるので注意が必要だという。

・調理が複雑になればなるほど栄養が逃げてしまう

こう話すのは、台湾の国泰医院の栄養士 張斯蘭(ちょう・しらん)さんだ。張さんによると、卵は調理の過程が複雑になればなるほど、栄養が逃げてしまうのだという。

たとえば、台湾の茶葉で煮る味付け卵「茶葉蛋(チャーイエダン)」。煮卵なので、色が濃ければ濃いほど味が染みて美味しいものだが、茶葉に含まれるアルカロイドの影響でタンパク質が変性し、消化の際に吸収が悪くなるのだそうだ。

・目玉焼きでは油のとりすぎに

じゃあ、調理が簡単ならいいの? しかし、シンプルはシンプルでも目玉焼きだと油を使うのでカロリーを取ることに。

また、日本でも調味料としてジワジワ注目されている台湾伝統の塩漬け卵「鹹蛋(シェンダン)」だとナトリウムの取り過ぎになるなど、ほかの調理法だとタンパク質を取る以上に余計な栄養素も取ることになってしまうのだ。

・ゆで卵がベスト!

以上のことを考慮すると、やはりゆで卵が、不要なものを摂取せず、必要な栄養を効率的に取れるということになるそうだ。そう言われてみると確かに……!

・ただし超半熟の卵は白髪や抜け毛を招くらしい

ただ、同じゆで卵でも注意しなければならないことがあるという。それはゆで方だ。温泉卵レベルの超半熟卵はトロッと食感もいいがハゲを招きかねないというのだ。

張氏は「生卵の白身には “ビオチン” を破壊する物質が含まれています。ビオチンが破壊されたり、欠乏すると白髪や抜け毛の原因になるのです」と話しているという。

そういえば、記者(私)はビオチン不足から体調を崩した際、医師に生卵は食べないように言われたことがある。「ビオチン不足が解消されれば、ツメや髪もキレイになりますと」って言ってたっけ……。

とにかく、超半熟卵の髪の毛への影響は、加熱することで解決するよう。気になる人は白身が固まるまでしっかりと加熱した方が良さそうだ。

参照元:ET Today(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼卵は「ゆで卵」で食べるのが健康的!
IMG_7670
▼白身が固まらないくらいの半熟は抜け毛や白髪の原因になるそうなので要注意
tamago