Pic1

「喫煙率が高く、高カロリーな食事をしているフランス人に心臓疾患の発生率が低いのは、赤ワインをたくさん飲んでいるから」という “フレンチパラドックス” 説をご存知だろうか? しかしある研究で、体に良いとされてきた赤ワインに含まれる抗酸化物質には顕著な効果は見られないとの見解が発表され、話題を集めているのである。

・レスベラトロールは健康促進に効果があるのか!?

以前マウスを使用した実験で、ブドウの皮やチョコレートに含まれるポリフェノールの一種レスベラトロールが、高脂肪食を摂取したマウスの健康状態を向上させ、寿命が延びたとの結果が発表されたことがあった。

しかし、米ジョンズホプキンス大学医学部のリチャード・センバ博士率いる研究チームは、この研究結果に異論を唱えているのである。

・9年間にわたる研究でフレンチパラドックス説を検証

彼らはイタリアのワイン生産地で、9年間にわたり65歳以上の男女783人の健康状態を分析し、“フレンチパラドックス” 説を証明するための研究を行った。まず被験者をレスベラトロール摂取量別に4つのグループに分け、尿に含まれるレスベラトロール濃度を測定して記録を取り、健康促進に効果が見られるか検証した。

・レスベラトロールを摂取しても健康促進に効果なし

その結果、9年間で心臓疾患がなかった639人のうち174人が心臓疾患にかかり、癌にかかっていなかった734人のうち34人が癌を発症。全体的に死亡した人数は268人だったが、4グループの平均死亡者数にほとんど違いは見られなかったという。

センバ博士は、「レスベラトロールを摂取しても体内で吸収されるレベルでは、炎症や心臓血管疾患、癌(がん)や長寿に著しい効果は期待できず、フレンチパラドックス説は証明できなかった」と述べている。

・さらなる研究が必要との声も

しかしイギリス心臓病支援基金は、レスベラトロールの効果についてはさらなる研究が必要との見解を表明し、健康のためには野菜や果物、全粒穀物を中心とした食生活が好ましいとも付け加えている。

健康促進のために赤ワインを飲んでいた人には、がっかりな研究結果だったかもしれない。しかしお酒を飲むとストレス解消できるので、例え効果が期待できないにしても、適量のワインを楽しむことは健康へのマイナスにはならないだろう。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.