b4263d35gw1eg20wn82vkj209z0dcwfc
交通事故は起こしたくないし、巻き込まれたくもないもの。あんなに頑丈そうなのに、事故の衝撃により紙のようにつぶれてしまった自動車の映像や画像を見て交通事故の恐ろしさを改めて感じることもあるだろう。

中国では、別の意味で恐ろしい交通事故が起きてしまったようだ。自動車とニワトリが正面衝突。ニワトリは無事で本当に良かったのだが、なんと車の方に大きな穴があいてしまったというのである。

・中国で自動車とニワトリによる事故

事故直後のものと言われる画像を見てみると、シルバーの乗用車の前方のバンパーに大きな穴があいている。そしてそこには、1羽のニワトリが突き刺さっていた。どうやら自動車を運転中、道路にいたニワトリに気づかず、はねてしまったようだ。

ただぶつかったのではなく、突き刺さってしまうなんて無事じゃ済まないだろう。ニワトリ、罪もないのに可哀想……と思いきや! なんとニワトリは生還!! しかし、車体のニワトリがぶつかった箇所に大穴があいてしまったというのだ! マジかよ!?

・「どこのメーカーだよ!」とネット上で話題に

この画像はネット上に一気に拡散。さすがの中国ネットユーザーからも「ウソだろ!?」、「どこのメーカーだよ!」、「ニワトリが強すぎる」、「戦闘機型ニワトリの誕生だ」などと、多くのコメントが寄せられた。

また、このニワトリに穴をあけられてしまった自動車が、「トヨタのカローラ」と報じたメディアもあり、「日本車を買うのはやめよう」などと発言するネットユーザーもいたが……。

・改造車だった

実は、この車は改造車であったことが判明。バンパー部分を付け替えていたそうだ。この報道に「安心した!」「俺はトヨタを信じていた」という声や「いずれにせよ中国産のクオリティだったか」と妙に納得する声もあがっている。

いっとき2014年の5月に湖北省武漢市で起きた事故と報じられていたが、実は2月に江西省で起きた事故であったそうだ。情報は錯綜した模様だが、「自動車とニワトリが正面衝突 → 自動車は破損でニワトリは無事」という事故は実際に起きていたもようである。

参照元:網易新聞(中国語)、Sina Weibo @和訊網@信豊在線網
執筆:沢井メグ

▼ニワトリが車にぶつかって、刺さっている
b4263d35gw1eg20x72u4nj20xx0if76m
▼車は壊れたのに、ニワトリは生きていた!! まさに不幸中の幸いだ
b4263d35gw1eg20wxna1pj20vj0jcmyw
▼思わず「あ……ありのまま今起こった事を話すぜ!」と言いたくなる事故だ
b4263d35gw1eg20wn82vkj209z0dcwfc