ed1
いろんな種類のエナジードリンクを試してみた結果、「これはちょっと味が惜しいなぁ……」とか「こっちはなんかガツンとこないなぁ……」なんて思いながら、お気に入りのドリンクを決められずにいる人はいないだろうか?

そんな人にオススメしたいのが自家製エナジードリンクだ! 海外のハウツーサイト「wikihow.com」にエナジードリンクの作り方が2通り掲載されていたのでご紹介したい。自家製なので味や成分も調整し放題。世界に一つだけの、エナジードリンクを自分で作ってみよう!

【ドリンクその1】

材料
・カフェインの錠剤 (200mg以下)
・タウリン、L−カルニチン、ガラナ、朝鮮人参など、入れたい成分のサプリの錠剤
・砂糖
・炭酸水
・フレーバーシロップ

手順1:まず、エナジーの元となるサプリとカフェインの錠剤を粉末状に砕いて粉末状にする。その粉末と、大さじ4杯の砂糖を炭酸水に加え、しっかり混ぜる。

手順2:混ぜ合わせた液体に、フレーバーシロップを30mlほど足す。フレーバーシロップは様々な味が存在するので、好みの味付けをすることにより、市販のものでは存在しないオリジナル味のドリンクが作れるのだ!

手順3:出来上がったドリンクを密閉できるペットボトルなどの容器に移し、冷蔵庫でキンキンに冷やして完成である!

注意すべき点は、カフェインの分量を自分で調整しないといけないという点である。ちなみに『レッドブル』は250mlに80mgのカフェインが含まれているので、参考にするとよいだろう。

【ドリンクその2】

こちらは炭酸が入っていないスポーツ飲料に近いタイプのエナジードリンク

材料
・1.9リットルの炭酸の入っていない味のついた飲料
・食塩を小さじ3杯
・塩化カリウム 小さじ1〜2杯
・液体タイプのビタミンBのサプリ
・食品または薬品用のカフェイン (200mg以下)
・お好みでハーブエキス

手順1:使用する飲料は炭酸が含まれていなければ、なんでもよいようだ。ここでのチョイスがエナジードリンクの味を決めることになるので、いろいろ試してみよう!

手順2:飲料に塩と塩化カリウムを入れ、じっくり混ぜる。

手順3:ビタミンBを加えるのだが、その量は完成したドリンクを一日にどれくらい飲むかによって変えるとよい。もし一日で飲みきってしまうなら、一日の摂取目安量の半分くらいが丁度よいだろう。

手順4:カフェインを加え、そしてお好みでハーフエキスを加え、混ぜまくる!

手順5:あとは容器に入れて冷やすだけで自家製エナジードリンクは完成!

──以上だ。

自分で作るということは、何があっても自己責任。混入するカフェインやサプリの量には、くれぐれも注意していただきたい。

参照元: wikihow.com (英語)
執筆: ユーニーマン

▼こちらが「ドリンクその1」の材料
ed1
▼粉末と砂糖を炭酸水に入れてしっかり混ぜる
ed2
▼フレーバーシロップ注入
ed3
▼お気に入りの容器に移して……
ed4
▼完成!!
ed5