mickey1

みんな大好きディズニーランド! みんな大好きミッキーマウス!! ミッキーマウスは世界にたった一人と言われているが、とあるパークにいる “ミッキー” の正体が公になって話題を呼んでいる。そのパークにいたミッキーの中の人は、なんと75歳のおばあちゃんだったのだ。

・洛陽のミッキーおばあちゃん

そのミッキーに会えるのは中国河南省洛陽市にある王城公園だ。ミッキーは赤いベストに黒の燕尾服、そしてシルクハットをかぶっている。ミッキーを見つけた来園者は手を振ったり、抱きついたりと、その様子はまさにアイドル。15元(約250円)で記念撮影も可能だ。

だがよーく見てみると、少しばかり腰が曲がっていないだろうか? それは中の人が75歳のおばあちゃんだからだ。

・息子のために始めたバイト

彼女の名前は楊志巧(よう・しこう)さん。40歳になる息子と2人で暮らしているそうだ。彼女は、18年前に夫と離婚して以来、収入がなくなり、現在では日本で言うところの「生活保護」を受けているそうだ。

しかし、なぜいまこんなアルバイトをしようと思ったのだろう? その理由について楊さんは、「子供だって大変ですよ。子供に迷惑をかけられないし、私は体がまだ元気なので、自分で稼ぎたいと思ったんです」と語る。また、独身の息子の結婚費用を貯めたいという気持ちもあったそうだ。

そう朗らかに話す楊さんだが、ミッキーの頭部は重さが2キロほどあるという。さらに着ぐるみの中は蒸れるので体にも負担だろう。だが、それでも楊さんは息子のためにミッキーになり続けるのだ。

・ネットの声「感動した!」

自分が苦しい思いをしても息子のために笑顔で頑張る楊さん。その愛情深さに多くのネットユーザーから「感動した」という声が寄せられている。

「親の愛は偉大だ……」
「感動した」
「涙が止まらない」
「拡散希望!!」
「カーチャンに心配かけちゃダメだよ……」
「私は大きくなったら、両親を楽させてあげたい」
「どの国も母の無償の愛は同じなんだなぁ」
「自分の幸せを追求してほしい」
「こんなお年寄りに働かせるなんて国は何をしてるんだ!」
「息子は何してるんだよっ」
「息子がミッキーをやればいいのでは!?」

・ミッキーおばあちゃんは人気者

来園者の中には、この公園にいるミッキーの中身が楊さんであることを知っている人も少なくないようだ。直接、「こんなお年でどうしてパフォーマンスを」と聞く人もいれば、彼女のことを「ミッキーおばあちゃん!!」と呼ぶ子供もいるという。

彼女自身が名物になりつつあるが、さすがに終日ミッキーでいるのは大変なよう。楊さんは、ミッキーでないときは公園の門のあたりでオモチャを売っているとのことである。

参照元:洛陽網(中国語)、Sina Weibo @今日微博頭条@海口網
執筆:沢井メグ

▼洛陽のミッキー
mickey0
▼「ミッキーおばあちゃん」こと楊さん
mickey1
▼素敵な笑顔である
mickey2