1

現代社会で無欲に生きることはなかなか難しいが、そんな我々の心にガツンと喝を入れる感動のストーリーが舞い込んできた。ある99歳のおじいちゃんが、物乞いで集めた大金を全部寄付し「何ていい話なんだ!すごく考えさせられる」と感動の声が寄せられているのである。

・99歳の “聖人” ホームレス

ブルガリアの首都ソフィア郊外に居住し、“聖人” と呼ばれる99歳のドブリ・ドブレフさんは、日々ソフィアの道で物乞いをしている。しかし普通の物乞いとは異なり、彼は恵んでもらったお金を自分で使うことはせず、全て寄付しているのである。

ソフィアから24キロ離れた所に住んでいるドブリさんは、以前はソフィアまで歩いていたが、老齢のため現在はバスで通っている。第二次大戦中の爆撃で聴覚をほぼ失った彼は、月々支給される年金80ユーロ(約1万1000円)で生活費をまかない、細々と暮らしているのだ。

・物乞いで集めた2万4000ドルを寄付

ドブリさんと何回か会って話をしたという人物によると、彼は昔一度犯罪を犯し、その罪を償うために集めたお金を寄付しているというのだ。熱心なキリスト教徒でもある彼は、今までに物乞いで集めた2万4000ドル(約240万円)を教会や修道院に寄付し、孤児院の公共料金の支払いにも貢献するべく寄付を続けているという。

・聖人の胸に響く言葉

“聖人” のストーリーに心を動かされた人々が、その善行を広めたいと2000年に『Mite』と題したドキュメンタリー映画を製作。この映画で彼は、「善意は公平と純真さに基づいたものです。全ては善にあります。嘘をつかず盗みも不貞も働かず、神が我々を愛するようにお互いを愛さなければなりません」と語っている。

・無欲な行為に感動したとの声

“ドブリさんのニュースに感動した” という多くの声が寄せられているので、いつくか紹介しよう。

「何だか考えさせられる話だ。彼から人生について教えられた気がする」
「少しも与えようとしない強欲な金持ちが多いのに……」
「人間の心って素晴らしいわ」
「彼のようなキリスト教徒は今日では稀だと思う」

多くの人々が彼の慈善行為に心を動かされ、様々なことを見直すきっかけになったようである。

日々の生活に埋もれていると、“恵まれている自分は、もっと人に与えるべきだ” ということを忘れてしまいがちである。普段当たり前に思っていることに対しても感謝の気持ちを忘れず、少しでも人に役立つ善行を行いたいものだ。

参照元:FacebookHuffington Post(英語)
執筆:Nekolas

▼ドブリさんのドキュメンタリー映画『Mite』を紹介した動画はこちら

▼修道士と会話中
6

▼壁画にもなっている “聖人”
2

▼ドブリさんの寝床
5

▼子供にも慕われている
3