2014-02-20_231708
先日、ロケットニュース24では命綱なしに中国上海の超高層ビルに登るロシア人男性の動画についてお伝えした。この見ているだけで変な汗が出る動画は、「命知らずすぎる」と世界中で話題になっている。

だが、ある意味もっとスゴイ高所チャレンジが行われていたようだ。今回の場所は、完全に空中! 空に浮かぶ2つの気球に綱を渡し、その上を渡るというものである。動画のタイトルは「The Balloon Highline」。高所恐怖症の人は今度こそ、本当に見ない方がいいかもしれない。

このチャレンジを行ったのはフランスのスタント集団「SKYLINERS」だ。彼らはこれまでもスリリングなチャレンジをするパフォーマーとして知られている。そんな彼らが気球間の綱渡りをしようというのだ。

しっかりと地に足のついたビルや山でさえ恐ろしいのに、この綱は2つの気球の間に張られたというだけの不安定さ。気球の高さをコントロールしているとは言うが、突風が吹いたり、綱がたわんでしまったら一貫の終わりである。

そんな心配をよそに綱の上を一歩、また一歩と踏み出していく。1人目は数歩で失敗するも、落ちる瞬間ロープをキャッチ。綱渡りには失敗はしたが落下はまぬがれた。そして2人目。あっ、ちょっ、足がふらついて……落ち、落ちたーーーーーーッッ!! ほんまに落ちたぁぁぁぁーーーーーーッ!!

この続きは、みなさんの目で確認してほしい。ネットユーザーからは、「クレイジーすぎるよ!!」、「ハハハ、もう病気だ」、「もう何も言えねえ……」などとコメントが寄せられている。念のために言っておくと、見る者にド級の寒気を与える動画ではあるが怪我人などは出ていないようなのでご安心を。

今回、綱渡り企画は失敗に終わってしまった。しかし、「SKYLINERS」は諦めない! 再び気球間綱渡りにチャレンジすると意気込んでいるそうだ。

参照元:YouTubeNY Dailynews(英語)
執筆:沢井メグ