15日未明から降った大雪により、山梨県で積雪が一メートル以上を記録。それにより物資の流通が停止し多くの住民の生活が困難になり、実質『陸の孤島』となっている状態である。

17日現在は防災担当相が出席する関係省庁対策会議を開き対策を練っているようだが、昨日16日に安倍晋三総理が支援者たちと「高級料亭で天ぷらを食べていた」ことが物議を醸しているようだ。

確かにニュースサイト『時事ドットコム』に掲載されている首相動静を見ると、「午後5時49分、東京・赤坂の天ぷら料理店「楽亭」着。支援者らと会食」と記載、その後は私邸へ帰宅したと書かれていた。これを見たインターネットユーザーたちは、以下のようなコメントを残している。

「一国の首相が、死者が出ている災害への対応として、有り得ない行動を取ってるわけですから、私らは忘れずに、声を大きくして問題にしないといけませんよ」
「オリンピック見て天ぷら食ってる場合ちゃうぞ」
「山梨県の雪なんとかしてください(-_-)」
「雪害で日本が麻痺状態になり、その惨状が世界中で報じられているころ、この国の最高責任者は天ぷらを食べていたw」
「おいおい、関東周辺じゃ豪雪被害で孤立化してる地域が続出してんのに。最高責任者が呑気に天ぷら食ってるなんて…マジ使えねー最高責任者だわ(怒)」
「天ぷら食べて、そのままおうちに帰っちゃったよ(ーー;)」
「自衛隊は来てくれたんですが、昨日と今日の首相動静に落胆してしまいました。」
「昨日の段階でなぜ対策本部を設置しないのだろうと思っていたが、それどころか…いや、これマジなのか?」
「安倍ちゃんが雪降らしたわけでもないし、日曜だし文句言うのはかわいそうだと思う。ただ何かしらの対策を打てる立場にあるわけだし何かしらのアクションは欲しい。一応国のトップな訳だし」
「山梨が大変な時に・・・暇そうな日曜ですね。イザという時は土日も無いのがトップの仕事なんじゃないの。それが嫌なら辞めてくれて全然良いんだけどなぁ」
「こんな豪雪災害にかこつけて、安倍晋三叩きをやるつもりもなかったから、何も言わんでおいたがもう限界だ。高級天ぷら喰ってる場合か、働けバカモンが!」
「新潟県の泉田知事が職員を山梨県に派遣するなど、力を尽くしている中、安倍は天ぷら食べ終わって、直帰したらしい。」
「雪災害の中、我らが安倍首相は官邸で待機せず、支持者と天ぷら食べて私邸で過ごしていた……」
「天ぷら、美味しかったですか?」
「山梨はどうでもいいらしい。」
「こいつふざけてんのか?なにがてんぷらだ!?」
(Twitterより引用)

……と、多くのネットユーザーが安倍総理に対し「天ぷらを食べている場合ではない」と思っているようだ。ただ、内閣府のホームページを見ると、安倍総理が天ぷらを食べた直後の16日19時には、17日午後から山梨県へ災害調査団を派遣することを決定した内容が書かれていたので、まったく対策を考えていなかったわけではないと思われる。

しかし、調査団の派遣についてもネット上には「対応が遅い」と言った意見もあるようだ。すでに防災担当相が動いているので問題は無いという声もあるようだが、この安倍総理の行動について、アナタはどう思う?

参照元:時事ドットコム,Twitter