sea
長い間一緒にいる恋人や配偶者とは、何かと意見の衝突や口論が多くなるものだ。ケンカをすると腹が立つのは当然だが、ある研究により、お互いを支える気持ちが中途半端だと心臓疾患の原因にもなりかねないとの結果が出ているのである。これを読んだら、ケンカを減らしてパートナーを心から支える気になるのではないだろうか。

・カップルの関係と心循環器系疾患の関連性

カップルの関係が心循環器系に及ぼす影響を調べたのは、米ユタ大学の心理学者バート・ウチノ氏が率いる研究チームだ。平均年齢63歳の136組のカップルを対象に、彼らの総合的な結婚の状況や、パートナーから得られる励ましの度合いなどについてアンケートに答えてもらった。

その結果、パートナーから一貫した前向きなサポートを得ている人は3割にしか満たず、残りの7割は、相手と口論することもあれば励ましをもらえることもあり、サポートは曖昧だと答えていることが分かった。

・心の支えの欠如は冠動脈石灰化の原因に

次に回答者の冠動脈をCTスキャンで検査したところ、お互いがパートナーの心の支えに一貫性がないと感じているカップルは、冠動脈石灰化(動脈の内側にカルシウムが付着し硬化する症状)の程度が高いことが判明したのである。冠動脈石灰化は早期死亡の原因にもなる疾患である。

また性別に関係なく、カップルの片方だけが相手からのサポートが充分でないと感じている場合は、双方の冠動脈石灰化の程度が著しく低くなることも明らかとなった。

・支える気持ちが足りないカップルはストレスを感じやすい!?

しかしパートナーからの心の支えが中途半端だと、なぜ冠動脈石灰化になりやすいのか理由は明らかになっていない。研究チームは、「お互いを支え合う気持ちが曖昧なカップルは、そのせいで口論になりやすくストレスの原因になるのでしょう。それが心臓疾患のリスクにつながるのでは」と推測している。

今回の研究結果を元に、ウチノ氏はカップルの関係が及ぼす心循環器系疾患への影響について、さらに追及していきたいと展望を語っている。

「愛され受け入れられている」と感じると、人間は誰でも優しくなれるものだ。“パートナーは自分の鏡” と言うが、まずは自分が心から相手を支えれば、同じものが返ってくるのではないだろうか。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.