41242141242

寒い季節、豚肉や鶏肉の鍋は最高!! アツアツのネギも独特な甘みがあって最高である。でも、猿肉の鍋も絶品だということをご存じだろうか? つまりお猿さんのお肉である。今回、実際に猿鍋を食べてみることにした!

・さまざまな獣を狩っている

お猿さんのお肉が入った鍋を出しているのは、東京都板橋区の『酒蔵新潟』。店主が猟銃で狩った熊や猿、猪、鴨などの鍋を食べることができる。店主によると、定期的に新潟の山に出向いて、さまざまな獣(けもの)を狩っているとのこと。猿は駆除ということで狩ったものらしい。

・火を通すために鍋の底に入っている

猿鍋を注文して待つこと15~20分。テーブルにたっぷりの野菜が入った猿鍋がやってきた。しかし猿肉が見えない。どうやら、よく火を通すために鍋の底に入っているようだ。グツグツと煮えてきたころ、おたまで底から猿肉を引きあげる。

・非常に薄いながら旨味が染み出す

猿肉の見た目は豚肉や牛肉に似ている。その味は非常に不思議で、牛肉にも鶏肉にも豚肉にも似ていない。しかし変な味がするわけではなく、非常に薄いながら旨味が染み出してくる。肉というより、野菜の繊細な旨味に似ている。しかし肉質は非常にかたく、コリコリコリコリ! いくら噛んでもちぎれない!

・熊鍋も食べたがこちらも絶品

驚いたのは脂身から溢れ出るすさまじい旨味エキスである。甘くて、脂っぽくなくて、それでいてとろける! 正直、旨味が凝縮された脂身の美味しさは和牛以上である。ちなみに、熊鍋も食べたがこちらも絶品。このお店では、鍋と酒、猪のから揚げがオススメである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 酒蔵新潟
住所 東京都板橋区志村3-28-1
時間 18:00~23:00
休日 日祝

Report: Kuzo.
Photo: RocketNews24.
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]


522142124
412412412214
522142214421
4122124
124214241412
1244122144
21431412
41242141242
▼こちらが猿鍋ですよ!!
512224412
25214214241
251212442
12421424214
51212442

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]