3dbabies

妊娠している時に、おなかの赤ちゃんの様子をエコーで見たことがある女性は、きっと多いだろう。そして、その姿に感動した人も多いはず。

ところが、現在、2次元ではなく3次元で胎児の様子を再現するサービスが、海外で話題になっている。つまり、胎児の姿・形を忠実に再現したフィギュアを作れるサービスである。出来上がったフィギュアの写真は、なかなか衝撃的なビジュアルだ。

・パーツはもちろん、皮膚感まで忠実に再現

アメリカ・カリフォルニア州に拠点を持つ「3D Babies社」では、赤ちゃんを 3Dプリンタで複製するサービスを提供している。ちなみに、20cmサイズで約6万円也!

やり方は、まず超音波で胎児の状態をスキャン。それから、3Dプリンタの技術を使って、胎児の各パーツや姿勢、皮膚感などを正確に再現するという。

ただ、見た目が衝撃的なだけに抵抗を感じている人は多いようで、Twitter をはじめネット上では「とても気味が悪い」「これはダメだわ」「受け入れ難い」といったコメントも目立つ。

・セレブの 3D胎児まで用意

しかし、同社は 3D胎児を売る気満々。「3D胎児は家族の宝物となるでしょう」と記載されている会社のWeb サイトには、幅広いバリエーションが用意されている。

22〜23週の平均サイズである20cm (6万円)のほか、ハーフサイズの10cm (4万円)、ミニサイズの5cm (2万円)というサイズバリエーションに加え、皮膚の色もライト、ミディアム、ダークの3種類を展開。胎児の姿勢も2パターンからチョイス可能だ。

また、生まれるまで胎児の性別を知りたくないカップルのために、性器の部分を隠すオプションも。しかも、なぜかセレブの 3D 胎児まで扱っている。ヒップホップMC のカニエ・ウェストとキム・カーダシアン夫妻の胎児のフィギュアは、約2万5000円!

商魂がすごいのか、技術がすごいのか分からないが、とにかくすごい。そんな 3D胎児、あなたはアリですか? それともナシですか?

参照元: Mailonline3D Babies(英語)
執筆:和才雄一郎

▼完成した3D 胎児
3dbabies

▼サイズのバリエーション
3dbabies02

▼色と姿勢のバリエーション
3dbabies03

▼実画像だと強烈
3dbabies04