突然夢を壊すようで申し訳ないのだが、どんなかわいいアイドルも若手イケメン俳優も「オナラ」をする。生きている限り、基本的にはオナラをする。だが、私たちは、あまりにもオナラについて知らなさすぎる。ということで今回は、海外サイトに掲載されていた「オナラの真実10選」を紹介しよう。

1. 平均14回

一般的な人間は1日平均14回オナラをするといわれている。そのガス量はなんと約0.5リットル。ちなみにガス発生時は37度の熱をもっている。

2. 死体もオナラをする

死後でも細菌によりガスは生産され続ける。よってガスが生産される限り死体でもオナラはする。

3. 構成成分

一般的に「何らかのガス」と認識されているオナラ。実は59%窒素、21%水素、9%二酸化炭素、7%メタン、3%酸素で構成されている。

4. 可燃性ガス

構成成分にメタン、水素、酸素が含まれているため、オナラは火をつけたら燃える。オナラをした瞬間にライターで火をつければ爆発もする。衣服や腸内にまで引火する可能性があるので絶対に試してはいけない。

5. 臭い成分

オナラが臭いのは硫化水素という成分からきている。温泉等でたまにする腐卵臭も硫化水素が原因。

6.「音」と「ニオイ」の関係性

オナラのほとんどは口から吸った空気から由来するもの。このタイプは気泡も大きく、大きな音をたてやすい。それに対して消化や細菌の発酵で発生したオナラは気泡が小さく、あまり音をたてないが、悪臭を放つ可能性を多いに秘めている。

7. 頻度ランキング

オナラを一番するのはなんと断トツでシロアリ。2位はラクダ、3位はシマウマと続く。人間はベジタリアンな場合8位で、そうでない人間は9位。なんとベジタリアンの方が、ガスがたくさん発生するのだ。

8. 出やすくなる食べ物

人間の体で消化できない成分が腸のに貯まると細菌がそれらを発酵させ、ガスを生産する。豆、トウモロコシ、キャベツ、パン、牛乳、タマネギ、ニンニク等は特にガスを発生させやすい。

9. 判断するのは直腸の神経

直腸の末端神経がオナラなのか便意なのかを判断する。便がやわらかすぎたり、水分を多く含んでいると神経は混乱してしまい、誤った判断を下す事もある。

10. 時速12キロ

おしりからオナラが飛び出す速度は大体時速12キロ。ちなみに時速12キロは、フルマラソンを約3時間30分で走りきるスピード。ちょっと早いジョギングくらいの早さである。

参照元:THE META PICTURE(英語)
執筆:ユーニーマン

▼これがオナラの真実だ!!

▼ちなみに「オナラ」は引火するぞ!! 絶対に真似するな!!