elephantattack

サファリーパークといえば、人が車やバスなどから動物たちを観察できる場所だ。動物が自然の中でのびのびと暮らす様子を見られるため、人気が高い。しかし、過去には、興奮した動物が人間を襲う事故も。

そんなサファリーパークで、また悲劇が起きてしまった。1台の車がゾウに狙われたのだ。なお、偶然にも後続車が撮影していたため、襲撃の様子が映像として残されている。動画の内容はショッキングなため、その点を留意して確認してほしい。

・婚約したばかりのカップルが事故に

サラ・ブルックスさんはイギリス・リンカンシャー州の英語教師。婚約したばかりの彼女は、フィアンセと一緒に南アフリカを旅行していた。その時、サファリーパークを訪れたのだが、そこで悲劇的な事故に見舞われてしまう。

彼女たちが、サファリーパーク内で水を飲むゾウを観察していた時のこと。急にそのゾウが彼女たちの車に接近! そして、車の周囲をウロウロしはじめたと思ったら、その長い鼻で車を転がしはじめたのだ。

車は、その重量感が嘘のように何度も横転させられていく。最終的に、ゾウは車を40メートルも転がしたのだ。

・大けがをしたが命は無事

結局、婚約者の男性は車外に脱出して無事だったものの、彼女はゾウの牙のよって大けがを負わされ、そのゾウは射殺されることになった。ちなみに、現在、彼女の容態は安定しているという。

今回の事故は、人間にとっても、ゾウにとっても悲惨としか言いようがない。今後、似たような悲劇が減るように祈るばかりである。

参照元:YouTubeMailonline(英語)
執筆:和才雄一郎

▼【閲覧注意】ゾウによる襲撃の様子