2014-01-10_053000

ステーキやハンバーグなどのメイン料理を注文すると、サラダバーやカレーが食べ放題になるシステムで人気のレストランチェーンといえば『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』(ステーキけん)である。

連日多くの客が訪れることでも知られているお店だが、そんなステーキけんを愛する客たちにとって残念なことが起きてしまった。なんとサラダのなかに芋虫が混入、けん公式ホームページ上でお詫びをする事態となっているのだ。

・複数の芋虫が混入か

芋虫の混入が発覚したのは、神奈川県にあるステーキけん辻堂店でのこと。そこへ訪れた男性客たちと思われるTwitterを見ると、「本日2度目のイモムシ笑」「イモムシパワーw 半額になったwww」などの内容がつぶやかれており、半額になったレシートまで公開していた。

・野菜に芋虫が付いているのはよくあること

じつはどのレストランでも納入される野菜に芋虫が付いているのは意外とよくあること。ステーキけんのお詫び文にも書かれていたが、今回客に芋虫入りのサラダを提供してしまった原因としては、野菜をカット後に水で洗う際に、異物のチェックを細かくできていなかったことが考えられる。

・とはいえあまり気持ちの良いものではない

だが、よくあることとはいえ芋虫が混入しているサラダは無料でも食べたくはない。以前もステーキけんでは専務が帽子もせずスーツのまま肉を調理したり、オーナーがブログで「サラダバーが腐ってた」「インフルエンザでも店に出てた」と発言し物議を醸しているだけに、再度客からの信頼が低下することが起きてしまったのはとても残念だ。

・人気店なだけに残念

今回は芋虫の混入が発覚後すぐにお詫びを掲載し、再発防止に努めると書いているので二度と同様の事態は起きないだろう。客の健康被害が起きなかったことも、不幸中の幸いである。ステーキけんには大手チェーンに負けず、今後もファンたちに愛されるお店づくりをぜひとも頑張ってほしいものだ。

参照元:ステーキハンバーグ&サラダバー けん 辻堂店異物混入に関するお詫び,Twitter

2014-01-10_053035
2014-01-10_053308