3d4124214

たったの4~5万円ほどで販売されている話題の3Dプリンター『ROBO3D』。皆さんのなかにも「安く3Dプリンターが買えるなら欲しい!!」という人がいるのではないだろうか? 筆者(私)も凄くほしい!! しかし安価だし不安!!

・初めて3Dプリンターで作った作品

そこで、誰か持っている人はいないかと探していたところ、知人のひとりが実際に使っていた!! インターネット企業『digitiminimi』(ディジティ・ミニミ)の竹中大樹さんである。彼が初めて3Dプリンターで作った作品を写真で見せてもらった。

・芸術的すぎて凡人にはわからない?

その写真には、白い塊(かたまり)が写っていた。よく見ると、からまった糸のようなものが重なっているのがわかる。これは何を作ったのだろうか? あまりにも芸術的すぎて、凡人にはわからない作品なのだろうか?

・そうめんで遊んじゃだめだよ

竹中さんは自身のFacebookページに「初3Dプリンター初ROBO3Dで作った馬! 失敗! 途中キャンセル! 滑りまくりで引きずりまくり」とコメントを書き込みしている。どうやら、馬を作ろうとして失敗したらしい。あまりにも馬に見えないため、知人に「そうめんで遊んじゃだめだよ」と怒られたようだ。

・3Dデータをしっかり作ろう

3Dプリンターは3Dデータをしっかりと作ったうえで、ようやく本領発揮できるマシーンである。決して『ROBO3D』がダメな3Dプリンターというわけではない。ちなみに竹中さんは「初挑戦で苦戦中! 現在鋭意がんばり中!」とのこと。今後、竹中さんが新しい3D作品を完成させたら、また皆さんにお伝えしようと思う。

協力: 『digitiminimi』(ディジティ・ミニミ)
Report: Kuzo.

41241241244212