4214242141

オンラインショップ Amazon で『ジョジョの奇妙な冒険』関連の限定豪華本の購入者が激怒し、炎上状態になっていることが判明した。その怒り、尋常ではない。

・ファンの怒りに触れた

その豪華本は 2013年9月13日に発売された『ジョジョベラー』(JOJOVELLER)。完全受注生産で販売された豪華本で、価格は税込2万円。予約した人しか購入することができず、それがウリのひとつだった。しかしトラブルが発生した。

・完全受注生産だから奮発して買った

2013年12月現在、完全受注生産のはずの『ジョジョベラー』が Amazon で 50~60%オフで販売されているのである。つまり定価の半額以下で販売されており、「完全受注生産だから奮発して買った」というジョジョファンが激怒しているのだ。

・在庫が大量にある状況も不思議

完全受注生産として販売しておきながら、叩き売りするほど在庫がある状況も不思議だが、たった3か月もせずに半額以下で販売している「この状況」に激しい怒りがわいているのだと思われる。以下は Amazon に寄せられている購入者の声である。

・『ジョジョベラー』購入者の声

「完全受注生産という言葉を餌にして客を釣り上げようという悪意が透けて見えるようですね」
「再販なのか高すぎて余ったからなのかはわかりませんがこんなにいつでも買えるなら「限定」の看板には偽りあり」
「予約されて2万を詐欺られた方にはご冥福をお祈りいたします。私も含め」
「完全受注生産で売り出したはずなのに未だに在庫を半値以下で売り続けるというのはいかがな物でしょうか?」
「美術品としての価値を求めるのなら販売者も完全受注という嘘はつかずにロットナンバーをふって少数販売するべき」
「 正規の値段で買った人は悔しい思いをしていると思います 言葉が思い付きません 」
「後で手に入らないと思って定価で買った本当のファンを踏みにじる行為だ!」
「お金に余裕があるわけではなく予約終了間際に滑り込み数か月コツコツお金を貯めて購入したのに」
「たくさん刷りすぎて余っているんだね。あまりにもぼりすぎる価格で売っていたことがばれてるね」
「今後更に値下げされると思うので欲しい人はもう少し待った方がいいと思います」
「ふざけるな! 金返せ!」(引用ここまで)

・本当のファンのことを考えてほしいよ

ほかにも、集英社のやり方を批判している人もいた。「どんなに高くてもジョジョのファンなら買うよね。そういう人に対する冒涜だよ。こんなことでいいのか、集英社は、本当のファンのことを考えてほしいよ」(Amazonレビュー)。

・いまなら半額で買えちまうんだ

しかし半額以下になってから購入した人は「ガマンして3ヶ月待って半額以下になっていたのでゲットしました。外箱も美しいし中身も本当に素晴らしい」とコメントしており、とても満足しているようだ。

・いくらなら適正価格なのだろうか?

いろいろと酷評されているが内容は素晴らしいもののようで、「歴代編集者とのインタビューなど、内容が濃い。値段も高いが、満足の内容」という声も出ていた。さて、いくらなら適正価格なのだろうか?

・いちばん怒らせてはいけない相手を怒らす

『ジョジョベラー』は、ジョジョファンであればあるほど誰よりも早く予約して定価購入しているはず。完全受注生産ならば新品は正規ルートで二度と手に入らないはずだし、なおさら予約するだろう。

そう考えると、今回はいちばんのジョジョファンを裏切るかたちになったわけで、いちばん怒らせてはいけない相手を怒らす結果になったといえる。2万円で購入したジョジョファンの怒りはまだ収まらない。

参照元: ジョジョベラー(Amazon)