1224244

俺はすさまじく感動している!! 2013年11月22日に発売された次世代ゲーム機『XboxOne』。電源をオンにしてからメニュー画面が表示されるまで、たったの約2秒という神速度なのである!

・スムーズに操作が可能

スイッチオンから起動するまで、イライラすることなくスムーズに展開!! カートリッジだったスーパーファミコンでさえ、ゲーム画面が出るまでもっと時間がかかったような気がする。

・本体から起動すると約2秒

いろいろと検証してみた結果、本体から起動すると約2秒で起動、コントローラから起動すると5~6秒ほどで起動した。しかし電源コードを一度抜いてからまた挿し、本体から起動した際は30秒ほど時間を要した。

・もっと速く起動しているかも!?

今回使用したテレビはスペックが低く、ノーシグナル状態から映像情報がテレビに反映されるまで0.5~1秒ほどラグが生じるので、実際はもっと早く起動しているはずである。

・「コンソールオフ」(Console off)

XboxOneは常にスタンバイ状態にあると考えていい。コントローラから電源をオフにする際「コンソールオフ」(Console off)と表示されるが、厳密にはスタンバイ状態への移行なのだろう。

・神速度といっても過言ではない

いちいち電源コードを抜いてオフにする人はほとんどいないと思われる。そう考えると、ほぼすべてのユーザーが約2秒でXboxOneを起動させることができるわけで、これは神速度といっても過言ではないだろう。

Repor&Photo: Kuzo.

▼この驚異的に起動スピードははスゴイ!! 素直にビックリした!!

※この記事の画像は高画質な3D写真としてもご覧いただけます。こちらよりZIP圧縮ファイルを入手し、解凍してください。拡張子がMPOのファイル(3D写真データ)ができますので、ニンテンドー3DSや3D対応テレビ、またはパソコンなどでご覧ください。また、閲覧に際しては自己責任にて実行してください。