41224124421

ニューヨークの名物といえばホットドッグだが、世界一美味しいといわれているステーキハウスがあることでも有名だ。熟成肉を最適な状態で堪能することができる『ピータールーガー』がその代表ともいえるステーキハウスだが、『ウルフギャング』も負けず劣らず素晴らしいステーキを楽しめるという。

・どちらがステーキとして感動を感じられるか

『ウルフギャング』は『ピータールーガー』で40年以上働いた人物が独立して開店したステーキハウス。伝統を守り続ける『ピータールーガー』に対し、『ウルフギャング』は伝統に「新たな要素」をプラスした味が楽しめると言われている。そこで今回、両店で同じ料理を注文し、どちらがステーキとして感動を感じることができるのかレビューしてみた。

・ステーキの提供方法の評価

ステーキメニューの一部は『ピータールーガー』も『ウルフギャング』も同じ。小皿を置いてその上にステーキ皿を乗せ、脂が流れるようにテーブルに置くのも同じである。どちらの店も焼き加減を聞かれるが、『ピータールーガー』は焼き加減にブレが生じることが多いと言われている。今回はミディアムを注文したが、レア(またはミディアムレア)のレベルで出された。しかし店としてはそれがミディアムなのだろう。『ウルフギャング』は注文通りの焼き加減で出してきた。

・ステーキの評価

残念ながら、ステーキのデキに関して『ピータールーガー』は『ウルフギャング』に王者の座を譲らなくてはならない。『ピータールーガー』が「世界一美味しいステーキハウス」といわれる理由は、熟成肉を使用しているからだけではない。美味しさの秘密は「ステーキの表面」にある。

ジャリジャリ、ザクザク、ズブズブッ! 熟成肉を焼くことで生まれる表面層がクリスピーなプレートと化し、そこから香ばしさと絶妙で心地よい食感が生まれる。炭火のバーベキューのようなジャンク感は皆無で、にじみ出る肉汁が表面層と合わさり、唯一無二のステーキとなる。この点において『ウルフギャング』は『ピータールーガー』の一歩上をいっている。

『ピータールーガー』はほとんどプレーンな状態でステーキがテーブルに出されるのに対し、『ウルフギャング』は微量の塩がかけられた状態で提供される。塩分は旨味に欠かせない存在であり、肉汁を何倍にも美味しくさせている。あとがけの塩とは違った美味しさがそこにあるのだ。

・オリジナルソースの評価

何度食べても『ピータールーガー』のオリジナルソースはジャンクすぎて下品なテイストをしている。単に強い塩分と酸味だけを感じ、せっかくの絶品ステーキの味を殺しているのだ。『ウルフギャング』もオリジナルソースを客に提供しているが、『ピータールーガー』の流れを受け継いでいるのか、似たようにジャンクすぎる味。ただし、塩気が弱くスパイシーな旨味を「わずかながら」感じることができ、『ピータールーガー』よりマシである。ただし、どちらの店にしてもソースを使わないのがベストなのは間違いない。塩と胡椒だけで十分だ。

・フライドポテトの評価

『ピータールーガー』のフライドポテトは表面がシットリとして柔らかく、やや濃いめの塩気を感じる。ステーキは非常にジューシィーで脂っぽさが強く、そういう料理にはカリッとしたフライドポテトが合う。モッサリとしたポテトの場合、脂の嫌なしつこさを強調してしまうからだ。そういう点から考えれば、『ウルフギャング』のカリッとした表面層がクリスピーなフライドポテトのほうがマッチする。

・総評: ウルフギャングが勝利

『ピータールーガー』は世界的に有名なステーキハウスだし、ステーキハウスの王者と呼ばれても当然の味を堪能できる。しかし、僅差で『ウルフギャング』のほうが上をいっている。レベルが高すぎる98点と99点の戦い。ステーキのどの部分に人が感動して「また食べたい」と思うのか? その部分に対する理解と徹底が『ウルフギャング』のほうがわずかに上だった。

もしあなたがニューヨークに行くことがあれば、ランチタイムの早い時間帯は予約なしでも並ばず入れるので、食べ比べをしてほしい。どちらも絶品であり、王者同士の戦いがどれほどレベルが高いものか実感できるはずだ。ちなみに『ウルフギャング』のハワイ店は仕上がりが違うのでアメリカ本土の店舗と同等と思わないほうがいい。

・ステーキを美味しく食べる方法

最後に、両店で美味しくステーキを食べる方法をお教えしよう。ステーキを2~3切れほど皿に移したら、スプーンで脂をかけてそのまま食べる。素の味を堪能したのち、今度は塩を適量かけて食べる。次に、塩と胡椒をかけて堪能する。試しにオリジナルソースをかけて食べてもいいが、きっと一口で飽きるはずだ。どちらの店も、塩で食べるのが最適である。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 Peter Luger Steak House
住所 178 Broadway Brooklyn New York NY
電話 718-387-7400
価格 ステーキ一人前4500~5000円(総額目安 一人1万円)

店名 Wolfgang’s Steakhouse Times Square
住所 250 West 41st Street New York NY
電話 212-921-3720
価格 ステーキ一人前4500~5000円(総額目安 一人1万円)

Report: Kuzo.

▼ウルフギャングステーキハウス タイムズスクエア店
41241242412
52132213213
5213312332
5221331223
4122412124
124412214241412412
124412241412
1242412424412
12441221442142
▼ピータールーガー ブルックリン本店
4124124212312
235523325
2355323523
52132331
522321312
23553352523
235352325523
41224124421
1244124124
4241241
124422144

※この記事の画像は高画質な3D写真としてもご覧いただけます。こちらよりZIP圧縮ファイルを入手し、解凍してください。拡張子がMPOのファイル(3D写真データ)ができますので、ニンテンドー3DSや3D対応テレビ、またはパソコンなどでご覧ください。また、閲覧に際しては自己責任にて実行してください。