sprite_alcohol
ついつい飲み過ぎてしまった翌日。二日酔いでズキズキ痛む頭や疲れた胃を癒したいとき、コーヒーや市販のドリンク剤などを飲む人は多いだろう。しかし、実は意外な飲み物が二日酔いに効果を発揮することが判明した。

その飲み物とは、なんと「スプライト」である! 最新の研究で57種類の飲み物を比較した結果、スプライトがもっとも、二日酔いの症状軽減に効果を発揮することが判明したのだ。

・二日酔いの背景にある、アルコールの代謝プロセス

今回、研究を行ったのは中国の中山大学の研究チーム。彼らは二日酔いが生じる原因を調査し、またその症状緩和に効く飲み物を調べた。二日酔いが生じる原因には、アルコールの代謝プロセスが関わっている。まず、アルコールを摂取すると、肝臓からADHと呼ばれる酵素が出る。この酵素が、アルコール内のエタノールをアセトアルデヒドと呼ばれる物質に分解する。

・酵素によるアルコール分解が進まないと二日酔いが生じる

アセトアルデヒドは、さらに別の酵素、ALDHによってアセテートと呼ばれる物質に分解される。このALDHによる分解プロセスが進まず、アセトアルデヒドが体内に多く残っていると、二日酔いの症状が生じるのだそうだ。簡単に言えば、二日酔いはアルコールの代謝がスムーズに進まないときに起きるのである。

・酵素の働きをもっとも促進したのは「スプライト」だった

今回、研究チームは、各種ドリンクがアルコールを分解するときに働く2種類の酵素、ADHとALDHにどのような影響を与えるかを調査した。その結果、2番目に働く酵素、ALDHが作用する過程をもっとも促進するのは、スプライトであることが判明。スプライトを飲むと、アルコールの代謝スピードが速くなり、二日酔いの症状が生じる期間も短くなったのだ。

・麻の実のハーブティーを飲むと、二日酔いが長引くという結果に

一方で、麻の実で作られたハーブティーを飲むと、ADHによる分解プロセスが長くなり、ALDHの分解プロセスも抑制されるという結果に。そのため、二日酔いの症状が長引いてしまうという結果になった。

なぜ、スプライトが酵素の働きを促進するのかは不明であるが、とにかくアルコールの代謝を進めてくれるという思わぬパワーが判明した、今回の研究結果。

次回、二日酔いに悩まされたときにはぜひ試してみてほしい! だが、飲み過ぎが身体に負担をかけることも間違いない。お酒はほどほどに楽しむのが、健康の秘訣である。

参照元:Mail Online(英文)
執筆:佐藤 ゆき
Photo:flickr photographicity