9d8ded9agx6CcAplenY6e&690_580

世界中で大人気のマンガ作品といえば、たくさんあるが、パッと思いつくのは『ドラゴンボール』だ。日本はもちろん、アメリカでもアジアでも、ヨーロッパでもユーラシアでも! もちろん中国でも大人気だ。

そんな中国に住むイラストレーターが描いた『ドラゴンボール』の悪役キャラクターイラストが、あまりにもリアル! 文句なしで上手い!! ……と、世界の絵師たちの間で静かな話題になっている。

絵師の名前は「Angus易」さん。リアルなタッチ、そして細かい描写が特徴だ。彼が今回描いたのは、セル、フリーザ、ピッコロ大魔王、ドクター・ゲロ、ギニュー、魔人ブウ、桃白白(タオパイパイ)……の計7キャラ。妖しく輝く7つのドラゴンボールも描かれているぞ。

ちなみにAngus易さんは、ドラゴンボールのイラスト以外にも、『ディアブロ(DIABLO)』の世界をリアルタッチで描くなど、様々な作品を自身のブログで発表している。悟空やベジータやクリリンなども、リアルタッチで見てみたい!!

参照元:Angus易(中国語)
執筆:GO羽鳥

9d8ded9agx6CcAjNUnhab&690_580

9d8ded9agx6CcAliXP98f&690_580

9d8ded9agx6CcAmLqWM0c&690_580

9d8ded9agx6CcAoeYl197&690_580

9d8ded9agx6CcAplenY6e&690_580

9d8ded9agx6CcAqA7zmac&690_580

9d8ded9agx6CcArRShh8f&690_580