card

クレジットカードの暗証番号を、「忘れないように」と思って誕生日に設定している人はいないだろうか? 「面倒くさいから」と言って数字を順番に並べている人はいないだろうか? そのような人に注意を呼びかけるような研究結果が発表された。

調査を行ったのは、アメリカのデータ分析会社「DataGenetics」だ。今回この会社は、全世界のクレジットカード340万件を対象に、「人気の暗証番号」の分析を行った。その結果、なんと全体の11%が「1234」と設定されていたのだ! ほかにも、よく使われている暗証番号が多数紹介されている。

・同じ数字を並べるのは危険!
分析結果によると、最も多く使われている番号10個のうち、5個が「同じ数字の繰り返し」であった。そしてなんと「1111」が全体の6%を占めていることまで判明。単純な番号を設定すると、他人に簡単に予測されやすくなるので注意が必要である。

・誕生年や記念の年も予測されやすい
また、「19」という数字から始まる番号が多いという事実も判明した。これは “誕生した年や何かの記念の年を番号に設定する人が多い” ということを示しており、分析会社は「他の人に推測されやすい番号を設定するのも危険である」と注意を促している。

・どのような番号にすればいいのか
DataGenetics社によれば、大きい数字ほど番号の頭に使われている割合が低いとのことである。ちなみにもっとも人気がなかった番号は「8086」だそうだ。この番号は頭の数字が大きく、同じ数字も使っていないもので、340万人中なんと25人しか設定していなかった。

何かと暗証番号を作る機会が多い現代、安全を意識した番号を設定する必要を改めて実感させるような研究結果である。

参照元:dailymailDataGenetics(英文)
執筆:土竹
photo:RocketNews24.