6808422579_b91e1cf575_z
ヨガには体のゆがみ解消や筋力アップなど様々な効果がある言われている。とくに高温多湿の環境下で行う「ホットヨガ」は、汗をたくさんかくのでダイエット効果を期待する人も多いだろう。

だが、その期待がもろくも崩れるような研究結果が発表され、全世界のヨガ愛好家に衝撃を与えている。アメリカの研究者らが「ホットヨガはホットだからといってダイエットに対して特に何の効果もない」と発表。ヨガ講師もこれを支持しているというのである。

・「汗をかく=カロリー消費」ではない
我々は「汗をかく=カロリーを消費している」と考えがちだ。高温多湿の環境で行うホットヨガは通常の環境下で行うヨガより多くカロリーを消費すると期待している。しかし、アメリカの大学の発表によると正しく行ったホットヨガは体に無害であるが、普通のヨガと比べて特に身体の活動量が上がるわけではないという。

・ホットヨガと普通のヨガのトレーニング効果に大差は見られず
米国エクササイズ協会(ACE)が支援している研究では、24人の被験者をホットヨガと普通のヨガにわけ、60分間のヨガを実施し、終了後に体温と心拍数を測定した。測定の結果、両グループともに差は見られなかったそうだ。

・ホットヨガがいいと思うのは一種の心理的作用?
ACEのチーフ・サイエンスオフィサーであるセドリック・ブライアント博士は、「ホットヨガが良いように思うのは、柔軟性を感じるからではないでしょうか?」と話す。さらに「2種類のヨガのトレーニング効果は基本的に差はありません。むしろ高温の環境下で運動することは体に悪い影響を及ぼすことだってあります。わざわざ極端な高温環境下で運動をする必要はないのです」とのことだ。

なお、研究で調査したホットヨガの室温は33度だ。しかし、マドンナやグウィネス・パルトローなどセレブも愛好していることで知られている「ビクラムヨガ」では室温が40度以上になることもあるという。ビクラムヨガではどのような結果になるのかは、さらに調査研究が必要であるそうだ。

・ヨガ講師もこの研究結果を支持
ヨガの立場から見るとどうなのだろうか? ロンドンのヨガ講師でパーソナルトレーナーのクレア・フィンレイ氏もこの研究結果を支持していることがわかった。フィンレイ氏もホットヨガで得られる効果は、他のヨガ、特にパワーヨガで得られるものと大差ないことを指摘。

フィンレイ氏は、「汗とカロリー消費は一緒に語られることが多いですが、実際は汗を流すだけではダイエット効果は期待できないのです。そうでなければサウナに入るだけで脂肪が溶けるということになりますよね」と、話しているそうだ。

特別なダイエット効果を期待してホットヨガに臨んでいる人にとっては残念な研究結果であるといえる。しかし、汗を流すのは気持ちいい。ホットヨガならではの特別な効果はないようだが、普通のヨガと同じくらいの効果は期待できそうなので、好きな人は続けてもいいかもしれない。

参照元: Mail Online(英文)
Photo: flicker Synergy by Jasmine