124412412412124124

ハリウッドが『忠臣蔵』をモチーフにして作った映画『47RONIN』の予告動画が公開された。ハリウッドが作る日本の描写は以前から酷いものが多く「文化を間違えた描写」ばかり。

・予想を超える「ブッ飛びな内容」
今回の『47RONIN』も酷いものになると予想されていたが、予想を超える「ブッ飛びな内容」で物議をかもしている。実際に予告動画を観てみたが、どんな視点から見たとしても絶対に『忠臣蔵』をイメージすることはできなかった。

・妖怪やらオバケやらモンスター
主演はキアヌリーヴス。アメリカ人の視点から語られる『忠臣蔵』ストーリーかと思っていた人が多くいたようで、あまりにもイメージからかけ離れた内容のため、視聴者の多くが予告編を観てア然としているようだ。それもそのはず、妖怪やらオバケやらモンスターやら、そういうモノがたくさん登場。

・むしろ日本人に受け入れられるかも!?
中国文化や大陸アジアのような描写もあり、日本というよりはファンタジーの世界に近い。はたしてこのハリウッド版『忠臣蔵』。日本ではどのように評価されるのか、いまから注目しておきたいところだ。でもまあ、ここまでブッ飛んでる内容なら、中途半端に変な日本描写の映画よりも、むしろ日本人に受け入れられるかも!?

参照元: YouTube.