41242241214

弁当の定義はいろいろあるが、一般的にご飯とおかずがセットになったものが弁当と呼ばれている。冷たいおかずと冷たいご飯。でも冷たいからこそ美味しかったりするから不思議である。皆さんは、いつもどんな弁当を食べているだろうか?

・弁当を毎日買っていると出費が増える
自宅で作っている人もいると思うが、コンビニや弁当屋で買っている人もいるはずだ。最近のコンビニ弁当は非常に美味しいが、毎日買っていれば出費もバカにならない額になる。そこで筆者(私)は、徹底して激安の弁当を調査。そしてついに、日本最安値ともいうべき弁当を発見したのである! それがこれだ!

・なんと『のり弁当』が130円
日本最安値の弁当は、東京都台東区で売られている『のり弁当』(130円)だ! たぶん、これ以上安い弁当は日本に存在しないだろう。この弁当屋には『生たまご弁当』(160円)や『たまご焼き弁当』(160円)などが売られており、もちろんすべて手作り。

・けっこうボリュームのある内容
130円だからといって内容がさびしいわけではない。大盛りのご飯、ごはんですよ、筑前煮、魚肉ソーセージ焼き、そして海苔4~5枚というセット内容。たとえどんなに貧乏になったとしても、1日1食これを食べていれば餓死することはないだろう。

・新鮮な生たまごを堪能できる
160円の『生たまご弁当』もあなどれない。新鮮な卵と海苔がセットになっており、そこらへんの角で卵を割ってご飯にかけて食べる。醤油も付いてくるので、お好みでかけて食べると美味。ちなみに、すべての弁当が税込価格だ。いちばん高額な弁当でも390円なので、お金がないときは非常にありがたい存在といえる。

・良心的なお弁当屋さんに感謝
このような良心的なお弁当屋さんがあると、地域住民は非常に嬉しいものだ。現に、たくさんの人たちが弁当を買うために並んでいた。どうしてもこの店に行きたいという人は、東京都台東区の泪橋交差点の近くにあるので、自分の足で探してみてほしい。そこらへんを歩いていた人の情報によると休みの日が多いらしいが、筆者が行ったときは午後の部は16:40~18:20と書かれていた。

Report: Kuzo.

▼激安なのでいつも大盛況らしい。事実、多くの人たちが並んで買っている!
124142242
▼本当に安い! すごく良心的なお弁当屋さんである。
41242241214
▼『のり弁当』130円と『生たまご弁当』160円を買って300円でおつりくるんだぜ!?
124241214412412
▼これが『のり弁当』税込130円。さっそく野外で食べる
4254254225
▼おかずがおふくろの味!
214412124214
▼ご飯はかなりの大盛りサイズ!
4122144124
▼魚肉ソーセージだけでご飯のおかわり何杯でもいけそう!
241241412
▼人気の『生たまご弁当』160円
41241221424
▼新鮮な卵を食べることができます
41221213321
▼うまく割って……
521332312213
▼ご飯にかけて……
4221424
5122132
1242123123
4122414123123
▼ガッツリいただきましょう! 夏場なので放置せずにすぐ食べましょう
241412412412214
512213213
▼これは『たまご焼き弁当』160円
2521332312
21421123
▼満腹になった! 帰る! お!? スカイツリー見える!
241412124412