412424124

すでに知っている人も多いと思うが、日清『どん兵衛』の東日本版と西日本版が全国で販売されている。東日本と西日本ではダシに違いがあり、味の濃さも違う。両方の『どん兵衛』を同時に食べることにより、その味の違いを知ることができるというわけだ。

・明確に味の違いはあるのか?
そこで今回、試しに東日本版と西日本版を食べ比べして、どのような味の違いがあるのかを確かめてみた。食べ比べしてわかるほどの違いがあるのだろうか? ほとんど同じだったりして? そんな疑いを持ちながら食べた記者(私)だったが、驚きを隠せない結果に!

・東日本版『どん兵衛』
記者は生まれも育ちも東日本! なのでいつもの美味しい『どん兵衛』の味だと感じた。やや強めのキリッとした醤油の味に、飲み干しても長くコクとウマミが続くスープ。強気のスープは麺にジャンク感のある美味しさを与え、麺をすすればすするほど食欲が増幅する。この強いウマミは鰹のダシだからこそ成せる業だろう。

・西日本版『どん兵衛』
実は以前にも何度か食べたことがある西日本版『どん兵衛』。そのときは「あっさりめで美味しい♪」としか思わなかったが、こうして食べ比べてみると明確に味が違うことが分かる。うどんのスープというよりも、お吸い物をさらに柔らかいテイストにしたものに近く、いっさいトゲのない「昆布ダシの繊細な味」を堪能できるものだった。

・明らかにスープの色が違う
今回食べ比べをして、明らかに味の違いを感じた。正直なところ、東日本と西日本の『どん兵衛』はまったくの別物といってもおかしくないくらい違いがある。東日本がガツン系ならば、西日本はやさしい系。麺が同じなのでかろうじて『どん兵衛』であるとわかる。

・皆さんが好きなのはどっち?
正直、かなり驚きの結果となった。『どん兵衛』が好きならば、一度は両方を買って食べ比べをしてほしいものである。別々に食べるときよりも明確に味の違いが分かるので、その違いを知ることもできるし、楽しむこともできる。皆さんが好きなのはどっちの『どん兵衛』だろうか? 記者は西日本版かなぁ?

参照元: どん兵衛

▼こちらは東日本版『どん兵衛』
41242412421
▼そしてこっちが西日本版『どん兵衛』
142412412412
▼どちらの『どん兵衛』もコンビニで買えます(すべてのコンビニかどうかは不明)
412424124
▼微妙にエネルギーや栄養が違うのもおもしろい
41241244124
▼東日本と西日本で粉末スープのパッケージの色が違う
52213232
▼お湯を注いで準備します♪ いい匂い!
12412424
▼おとなしく5分間待ちます。かためが好きな人は3~4分でもOK!
521323132
▼できましたーーーー!!
124412424
▼麺は同じに見えますが、スープが微妙に違う色?
124412412412412
244214
452455
▼これは明らかに! スープの色が……
2524554
▼スープの色が色が違う! かなり違う!
42545424
521332312312
▼こうして見てみると完全に違いますね。味がまったく違うのも納得!
522132213
412124124412
5123312321
▼ごちそうさまでした!!
412424124