325352325523

一部のラーメンマニアたちの間で「伏せ丼」をする人が増えているという。それは美味しいラーメンを作ってくれた料理人に対して感謝の意を表す行為で、食べ終わったラーメンの丼をさかさまにして、おぼんやテーブルに伏せる行為である。

・カラになった丼はスープが1滴もたれない
どうして丼を伏せると敬意を表すことになるのか? スープをすべて飲み干すと丼はカラになる。カラになった丼はさかさまにしてもスープが1滴もたれない。つまり「美味しすぎて全部食べてしまいましたよ」という意思表示になるらしい。この件に関して、超人気店のラーメン屋の店主に話を伺ったところ、以下のように話していた。

・ラーメン屋の店主のコメント
「そんなことするお客さんいるんですね。私の店でそういうことをしたお客さんはいませんが……。気持ちは嬉しいけど、汚いのでやめてくださいって思うかもしれません。衛生面も心配ですが、忙しいときにそういうことをされたら掃除が増えて大変です。美味しかったっていう言葉だけで感激ですのでやめてほしいです」(引用ここまで)

・おぼんやテーブルが汚れる
確かに、丼のフチについた脂でおぼんやテーブルが汚れるのは確実である。普通に「美味しかったです。ごちそうさまでした」と言うだけでいいと思うのだが……。ちなみにグルメ担当記者にこの件を話したところ「実際にやっている人はいるらしいけど、自分の目で見たことはないですね」と話していた。

・店に迷惑をかけては意味がない
美味しいラーメンに出会うと感動するものである。料理人に敬意を表したくなる気持ちもわかる。しかし、自身の意思表示のために店に迷惑をかけては意味がない。この伏せ丼、皆さんはやったことがあるだろうか?

参照元: 伏せ丼