poweredjacket

アニメやSF映画などで見かけるパワードスーツ。人間が実際に着用し、その人の動作と一体になって動く、いわゆる強化外骨格だ。『機動戦士ガンダム』でいうところのモビルスーツである。

そのパワードスーツの制作・販売を発表した佐川電子株式会社の動画が、いま海外で大きな話題を呼んでいる。動画は、「パワードジャケットMK3」と名付けられた搭乗型パワードスーツを紹介したものなのだが、その内容が「ブッ飛んでる!」「ジョークなのかマジなのかわからない」と海外ユーザーたちを興奮と混乱の渦に巻き込んでいるのだ!

カーボンファイバーとアルミで作られたという「パワードジャケットMK3」は、高さが2.25メートル、重さは25キログラムとのこと。5台限定で販売しており、1台の価格は1250万円だという。

海外サイト「Mashable」がこのパワードスーツを紹介したところ、たちまち大きな反響がみられた。さらに、動画が公開されたYouTubeページでも、日本語より英語のコメントが目立っている状態だ。その多くが、製品と動画に対して驚きを露わにしたもので、以下のような内容である。

「ブッ飛んでる!」
「マジかよ!?」
「なんで日本は普通にできないんだよ!」
「(↑このコメントに対して)なんで日本以外の国は日本のようにイケてないんだよってことだろ?」
「ガンダム!」
「なんで女子高生なの?」
「日本がなんだかおかしなことになってる」
「スゲー!!」
「ジョークなのかマジなのかわからない」
「このパワードスーツ欲しい!」
「そのうちアダルト業界がこれを使いだすな」
「なんで?」
「ジャパニーズ・ジョークは面白いと思う!」
「アバターの世界だな」
「クリエイティブだけど何かがおかしい……」
「モデルに女子高生を起用するところが日本だね」
「この動画のユーモアはハイレベルすぎる……」
「すぐに中国バージョンが出てくるぞ」
「男の人の顔の傷はなんで?」

……などなど、ネットユーザーたちの興奮と困惑の声が多く寄せられている。海外の人々が驚いた動画の内容については、実際に見て確認していただきたい。なお、公式サイトによるとパワードスーツは「アートという位置づけで販売」だという。いつの日かパワードスーツが公道でビシバシ動く日が来るのだろうか? SFの世界はすぐそこまで来ているのかもしれない!!

参照元:YouTube佐川電子Mashable(英文)
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]