P7060238

休日に旅行がてら自然あふれる高速道路をドライブするのは、クルマ好きにとって至福の時間だ。だが、そんな幸せなときを邪魔するのが、迷惑な運転をするドライバーたち。

クルマを持っている人ならきっと一度は出会ったことがあると思うが、ドライブ好きのAさんは残念なことに何度も迷惑ドライバーに遭遇したことがあるらしい。そんな過去に出会った「こいつ頭おかしいんじゃねーか?」と思うドライバーワースト5を教えてくれた。

 
1位:ウインカーを出さずに車線変更しまくる
「急いでるのかなんなのか分からないんですけど、ウインカーを出さずに車線変更をする危ないドライバーが最近多いんですよ。そんなことしてもたいして到着時間は変わらないんだから、普通に走ってくれればいいのに……」。

2位:高速道路で追越車線をずっと低速走行している
「これは初心者で勝手が分からないのかもしれないですが、追越車線をずっと低速走行している人もかなり迷惑です。それにキレたドライバーが煽り運転をしてさらに危険度が増すという悪循環にもなる場合が」。

3位:法定速度を何十キロもオーバーして走りオービスの手前で急ブレーキを踏む
「時速150キロぐらいで走って、あーこりゃオービス光るな! と思ったら、手前でいきなり急ブレーキ。自分は車間空けてるから大丈夫ですけど、無駄なことしてるなぁと思いますね」。

4位:追い越そうとした瞬間に車線変更やはみ出し運転をして進路妨害をしてくる
「どうしても追い越されたくないらしく、追い越そうと車線変更する瞬間にわざと車線変更やはみ出し運転をして進路妨害をする人もごくまれにいます。非常に危ないのでやめてほしい」。

5位:タバコを運転席の窓から投げ捨てる
「これはマナーの問題ですが、運転中にタバコを窓から投げ捨てる人もけっこういます。灰皿が満タンなのか知りませんが、タバコの吸い殻ぐらいきちんと処理できない人が運転のマナーも守れるとは思えません」。

とのことだった。確かに記者も1位のウインカーを出さずに車線変更をしまくるクルマはけっこう見るので、ちょっと納得してしまった。

これ以外にも迷惑行為をする人は、残念ながら多いのかもしれない。アナタは危ない運転をするドライバー、見かけたことがあるだろうか?

Photo:Rocketnews24