12441242144

うどんチェーンレストランの『丸亀製麺』が、ロサンゼルスの人気うどん店『丸亀MONZO』(もんぞう)に対して「店名に丸亀使うな」「1か月以内に看板から外せ」と内容証明を送って物議を醸していた件で新たな事実が判明した。

・丸亀製麺との件について決着宣言
『丸亀MONZO』のうどん職人の師匠が、FM香川の人気番組『うどラジ』に出演し、丸亀製麺との件について決着宣言をしたのである。師匠は丸亀市で人気うどん店『夢う』の店主をしている人物。以下は、『丸亀製麺』から内容証明が届いたときの解説である。

・『夢う』の店主のコメント
「やっと軌道に乗り出してお客さんも増えてきたっていう矢先に、内容証明つきでね、『丸亀MONZO』は商標権に触れると。『丸亀製麺』の丸亀が同じものをロゴとして使っとるじゃないかと。かぶるというんですよね。丸亀がかぶるではないかと。1か月以内に看板から外せと。あらゆる文章から丸亀という表記を外せと。こういう内容証明がきたと」(うどラジ より)

・内容証明の内容が唐突
『夢う』の店主の話からすると、『丸亀製麺』から届いた内容証明の内容が唐突であり、相互理解や対話などをする余裕を与えない一方的で強引なものであることがわかる。しかしこの件はすぐに進展し、以下のような流れで決着がついたようだ。

・『夢う』の店主のコメント
「まずですね、トリドールのCEOの方にお礼をひとつ言わしてほしい。本当に気持ちからお礼を言わせてください。まずひとつにはですね、確かに法の垣根はあるんです法律という。これを飛び超えたかたちで、現在のところは矛を収めていただいたと。寛容な気持ちでね。フジテレビの番組中にですね、会社サイドとしてコメントを出してると。「今後、この件に関してアクションは起こしません」と文章でもって。これはもう素晴らしい社長のお考えでやね。我々、師弟ともどもね、本当に感謝しとるんです。こんな早い対応していただけるとはね。今後ですね、なんとか丸亀と讃岐うどんとね、文化を広めていただけるご尽力ずっと続けていただいて、我々も陰ながらご支援をしたいなと、そう思うんです」(うどラジ より)

・師匠として安堵したのは間違いない
上記のコメントを言い終わるあたり、『夢う』の店主が感極まり、涙声になっているように感じたのは筆者(私)だけだろうか。とにかく大切な弟子たちが安心して働ける状況になり、師匠として安堵したのは間違いない。

・新たなアクションを起こす予定はございません
ちなみに、当編集部の取材でも『丸亀製麺』を運営するトリドールから「現状では本件に関して新たなアクションを起こす予定はございません」というコメントをもらっている。

・今後も丸亀の名を背負って美味しいうどんを
うどん職人の最大の喜びは、うどんを食べた人が美味しいと感じてくれることなのではないだろうか。そう考えると、職人たちが余計な心配をせず、うどんに力を注げる状況になったことは素晴らしいこと。これからも丸亀の名を背負い、美味しいうどんで多くの人たちを幸せにしてほしいものである。

参照元1: FM香川 うどラジ(第351回放送のポッドキャストで聴けます)
参照元2: 『丸亀MONZO』公式Facebook
参照元3: 『夢う』の店主 公式Facebook
Photo: Kuzo.


1312312312
12441242144
12214224
12412142
142442412
1224424242
1442213123
14242414114