4212412142412

『週刊ヤングジャンプ』で連載されていた人気漫画『GANTZ』が、2013年6月20日に発売された号で最終回を迎えた。衝撃的な世界観が話題をよび、白熱する展開で多くの読者を魅了してきた作品だ。しかし、最終回の展開に対して多くの読者から酷評されており、物議をかもしている。

・酷評の嵐になっている
読者がインターネット上に感想を書き込みしているのだが、その多くが酷評なのである。「最終回クソって叩かれまくってるけど読んだらマジでクソでびっくりした」や「笑いが出るほどつまらんかった」、「ガンツの終わりかたなんなん?マジ無いわあれは。好きな漫画だけに納得いかん。がっかり」など、酷評の嵐となっているのだ。

・インターネット上の読者たちの声
「GANTZの最終回しょぼ」
「ガンツ最終回なんやこれ」
「ガンツの最終回はあっけない感じだったな」
「なんか色々すっきりしないよw」
「想定はしてたけど最終回だいぶひどかったのねGANTZ」
「あんだけ引っ張っといて薄っぺらい終わり方」
「GANTZ終わったけど終わり方がおもんなさすぎる!」
「結局ガンツ無理矢理終わらせやがったな」
「さっきガンツの最終回読んだけど全然おもしろくねーでやんの」
「GANTZもやっと完結かー、しかし最終話がなんか微妙」
「GANTZの終わり方が酷すぎた 笑」
「ガンツ最終回読んだ。酷いかなーって思ったら想像以上に酷かった」
「ついに終わったが…なんだこの終わり方。しょーもな!」
「あれだけの長いストーリーながらあっけない終わらせ方だった」
「GANTZの最終話糞過ぎたな。ここ2年ほどはずっとだった」
「なんだったんだろうこの漫画」

・「鳥肌たった」と絶賛する声も
しかしわずかながら「gantz最終回鳥肌たった」や「作者の奥先生本当にお疲れ様です!」、「長いことお疲れさまでした。楽しませていただきました」などの声もあった。実際に最終回をよんでみたが、確かにアッサリと終わった感があった。

・大阪編がおもしろさのピーク?
「大阪編」がおもしろさのクライマックスだと思っている読者が多くいることもわかった。その後の宇宙編はグダグダだったという声も出ている。『GANTZ』を愛読していた記者に話を聞いたところ「最終回まで普通に楽しく読みましたが、いつがおもしろかったかと聞かれたら、連載開始から中盤までがいちばんおもしろかったですね」とのことだった。

・読者が「予想を良い意味で裏切る展開」を期待か
アッサリと終わることが良いかどうかは読者判断となるが、多くの読者が「予想を良い意味で裏切る展開」を期待していたためガッカリしてしまったのかもしれない。みなさんは『GANTZ』の最終回をどう感じただろうか? とにかく、いままで漫画を描き続けた作者に「お疲れさまでした」と言いたい。

参照元: ヤングジャンプ

12142412412
14241242412412412
1132312