聞き間違え。その恐ろしさと面白さを物語る写真が、現在海外で話題になっている。

アメリカのインディアナ州に住むあるお母さんは、娘であるローラちゃんの卒業を祝うため、ケーキを用意することに。そしてそのケーキを注文する際に、お母さんはケーキ屋の店員にこんなリクエストを伝えた。

「Put a little cap on it!(小さな帽子を娘の頭のところに載せておいてください!)」

アメリカの学校では、卒業生はひし形の帽子をかぶる風習があり、それを踏まえてこのようなお願いをしたのだろう。しかし実際にケーキを受け取ってみたら、ビックリ仰天!! なんとローラちゃんの頭のところには、小さな帽子ではなく、小さな猫が描かれていたのだ! 一体なぜッ!?

その理由について、ローラちゃんは「店員がきっと聞き間違えたんだと思います」と語っている。なるほど、なるほど。ケーキ屋の店員が「cap(キャップ)」を「cat(キャット)」と聞き間違えて、ケーキにニャンコを描いちゃったというわけか!

ちなみにこのケーキを見た時のお母さんの反応について、ローラちゃんは以下のように振り返っている。

「私の母がお店に行くと、母は笑い出したのです。そしてお店の人たちがケーキに描かれた猫を消して、プラスチックの帽子を置こうとしたら、母はそのままにしておくようお願いしていました」

よかった、よかった! 今回の聞き間違いによる産物は、どうやら多くの人を笑顔にしているようだ。

参照元:Reddit, Mashable(英文)
執筆:田代大一朗

▼これが話題の「ニャンコが頭にのったケーキ」。それにしても、シュールっすな~!