412412412142424

数多くの人が利用する、日本最大級のグルメ口コミサイトといえば『食べログ』だ。実際に店を利用した客の素直な評価が見られるので飲食店探しにとても役立つサイトだが、元料理人のAさんによると、食べログのシステムはあまりに店側に不利すぎるという。

・食べログは料理人側から見たら問題アリ?
最近も人気料理人の川越達也シェフが食べログユーザーの書き込みに対して「年収300~400万円の人は評価できない」と言い炎上状態になったが、料理人側からすると『食べログ』のどこに問題があるのだろうか? 実際に詳しく聞いてみることにした。

―――『食べログ』のどこに不満があるのですか?
「とにかく店側に不利すぎ! チェーン店ならともかく、個人でやってる店ってひとつでも美味しくないとか接客が悪いとか書かれると、それだけですごくマイナスになるんです。客からしたら複数あるなかのたったひとつのレビューかもしれませんが、店からするとそのマイナス評価は、店の軒先に『この店に行くな!』って書かれているのと同じかそれ以上に嫌な気分になるんですよ」。

―――店側も客のコメントに返信できますがそれだけだと不満?
「不満ですよ。そもそもどういった客が書いたのかも分からないし、もう謝るしかない。幽霊に謝罪してるような感覚です。いつも思うんですけど、店が評価されるなら客も店側に評価されて当たり前なんじゃないですかね? ユーザーが店を評価するときは『食べログ』の名前を店側に伝えるシステムにしてほしい。だってすごい横柄だったり信じられないほど非常識な客が自分を棚に上げて店を一人前に評価されたら、たまったもんじゃないです。自衛策として客の評価をするしかないでしょ? 店側からものすごいマイナス評価のユーザーだったら他の人がみて察してくれると思いますし」。

―――それ以外に不満はありますか?
「あえて言うなら、ユーザーは職業が分かるものを『食べログ』に送り、身分証明を必須にしてほしい。特に『食べログ(カカクコム)社員』、『飲食店関係者』、『飲食店向け業者』、『広告代理店』、『マスコミ関係者』、ここらへんの人は職業だけでなく勤務先まで書かないとレビューできないようにしてほしいです。あとは年収や同価格帯の店を利用した回数や頻度がわかればベストですね。だってお金ない人が1回だけ高級店に行って評価なんでできるわけないでしょ? このユーザーのコメントは正しいって、他の利用者が判断できる材料がもっとほしい」。

・評価するなら客も身分を公開するべき
……とのことだった。Aさんのいうことをまとめると、店の評価をしてネットに公開するなら、いくらお金を支払っている側とはいえ、身分を公開してそれなりのリスクを負うべきだということだろうか。個人経営者にとっては1つの評価が大きなダメージになることもあるし、レビューの正確性を増すための方法としてはアリかもしれない。

・飲食店は食べログの評価が気になる
今回分かったことは、『食べログ』はとにかく誰でも見られる大きなサイトだし、飲食店は評価をとても気にしているということだ。食べログ側も店に不利益にならないよう改良を続けていると思うが、飲食店もユーザーも納得できるシステムにするには、もう少し工夫が必要なようだ。

Image Photo: RocketNews24.