P6081160

仕事内容が厳しいことにより「ブラック企業」と呼ばれてしまう会社が飲食業界には多いといわれている。だが、そんななかでも「ホワイト企業」と呼べる、飲食チェーンがあるのをご存知だろうか?

それは株式会社はなまるが経営する『はなまるうどん』である。『はなまるうどん』がホワイト企業である理由とは?

・面接官のほうから面接に来てくれるケース
『はなまるうどん』の中途採用試験は、基本的に銀座の本社か、大阪オフィスで行われる。だが、応募者の事情によってははなまるうどん側から出向いてくれるそうだ。や、優しすぎる!

・家族一緒に転勤可能、住居も用意
転勤の多い飲食業界では、家族がいても泣く泣く単身赴任をしなければならない場合がある。だが、はなまるうどんの社員が転勤する場合は家族連れでもOK。また、引越し費用は全額会社持ちで住居も会社が探し、金額を負担してくれるとのこと。

・休日も完全週休2日
休みも飲食業界のなかではかなり多く、完全週休2日となっている。また、冬季と夏季には3日間の特別休暇もあり、休日についても比較的多くとれるようだ。さらにシフトによっては日曜に休める場合もある。

・香川のうどん店を自社サイトで紹介
うどんの聖地・香川県のうどん店を、『はなまるうどん』公式サイト内のコンテンツ『WE LOVE うどん!!』で紹介している。『はなまるうどん』のお店は香川県の丸亀市などに複数あるのに、株式会社はなまるが運営していないうどん店を紹介するなんて、なかなかマネできないことかも。

・うどんの打ち方まで紹介
他店の紹介だけでなく、うどんの打ち方までコンテンツ内で解説。それを読んだ人がうどんを自分で作るようになり、『はなまるうどん』に来なくなったらヤバいんじゃないの!? と思ってしまうほどの太っ腹ぶりである。

・なぜこんなに社員にも客にも優しいのか
『はなまるうどん』がなぜこんなに社員にも客にも優しいのか!? それは、株式会社はなまるの挨拶文から読み取れるのかもしれない。

「数年前の讃岐うどんブームで、讃岐うどんの名前は全国レベルの知名度を得る事ができました。しかし、我々はブームで終わらせるつもりはありません。ブーム以前から、香川では日常的に食べられてきた讃岐うどん。美味しくて、手軽に食べられて、リーズナブルで、ヘルシーで、乳児からお年寄りまで老若男女幅広い方々に食べていただけているこの讃岐うどんを、本当の意味で食文化として日本全国に、そして世界に定着させたいと願い、そのために努力してまいりたいと考えております。」
(株式会社はなまる挨拶文より引用)

・讃岐うどんの食文化を世界中に広めたい
……と、単なるうどんチェーンというだけでなく、讃岐うどんの食文化を世界中に広めたいという強い想いが、『はなまるうどん』の原動力でありコンセプトとなっているかららしい。

・香川県や讃岐うどんの発展
願いとしては『はなまるうどん』のうどんを食べ、本場でも味わってみたい! という人が増えれば、より香川県や讃岐うどんの発展にもなり、それでうどん好きが増えればはなまるうどんの発展にもなるわけだ。

この『はなまるうどん』の活動が飲食業界の「ブラックさ」を払拭(ふっしょく)するきっかけになればステキかも? ちなみに『はなまるうどん』のカレーセット(499円)はカレーの具材もゴロっと入ってボリューム満点。コスパ最強なので、『はなまるうどん』ファンはぜひ一度試してみよう。

参考リンク:はなまるうどん

P6081163

P6081167