top

あるエンジニアが手作りしたアクセサリーが海外のサイトで話題となっている。それは一見ごく普通の指輪だが、なんと! フィアンセが近くにいるときだけ「ピカッ!」と点灯するのだというのだ!

このハイテクな指輪を作ったのはサンフランシスコの電子機器会社で働くベン・コークスさん(36)。彼の婚約者であるジュリー・ニコライさん(35)にプロポーズするために5カ月間かけて制作したという。フィアンセが近づくと光るだなんてまるで魔法のよう! そのようすは「Ring Illumination」という動画で確認できるぞ。

・指輪が光る仕組み
チタン製の指輪の中には、とても小さなLEDと銅の導線が入っており、電気が流れることで点灯する。同時に、ベンさんは指輪とペアとなるアーム・バンド型の磁場発生装置も自作した。磁場発生装置が指輪から7~10cm以内の距離に近づくと、それに反応して指輪が光る仕組みだ。
 
・プロポーズの結果は?
そして運命の日。ベンさんがプロポーズの舞台に選んだ丘に恋人のジュリーさんと出かけるも、霧が濃すぎて断念。街に戻り、気を取り直してプロポーズしたところ……光る指輪にジュリーさんは大興奮! 彼女はベンさんが事前に考えたプロポーズの言葉を言い終わらないうちに、感極まって彼の結婚の申し出を受け入れた。

ベンさんお手製の素敵な指輪に大喜びのジュリーさんだったが、この婚約指輪は彼女の指には小さかったそうだ。現在ベンさんは新しいバージョンのものを制作中。それが結婚指輪となる予定である。

こんなユニークなアイデアの指輪なら、お互い一生の思い出に残るはずだ。文字どおり世界にたったひとつしかないアイテムである。ベンさんとジュリーさんに幸あれ!

参照元: Youtube benkokes, dailymail(英文)

▼指輪を作ったベンさん(左)と婚約者のジュリーさん(右)

hutari

▼一見なんの変哲もない指輪

gaiken

▼指輪の中にあるLEDと銅線

nakami

▼制作中のアーム・バンド

arm

▼アーム・バンドに近づけると指輪が光った!

test

▼光る指輪の実験動画part1

▼光る指輪の実験動画part2

▼末永くお幸せに!

siawase