anime
海外に行くと現地で「お前、日本人か!? 俺は日本のアニメが大好きなんだ、日本最高!!」などと声をかけられたことはないだろうか。そう言われるとなんだかとても誇らしい気持ちになる。

世界中の様々な文化圏の人が日本のアニメを愛してくれているのだが、そんなアニメ大好きな彼らでもどうしても受け入れられないことがあるらしい。一体何が受け入れられないというのだろう……「海外ネットユーザーが嫌いな日本アニメあるある10 選」で確認できるぞ。

【海外ネットユーザーが嫌いな日本アニメ設定10選】
1.主人公には両親がいない率はスゴイ
『ドラゴンボール』の孫悟空、『ナルト』のうずまきナルト、『フルーツバスケット』の本田透には両親がいない。『BLEACH』の黒崎一護と『エヴァンゲリオン』のシンジは母親がいない。

おそらく日本のアニメの主人公の50パーセントは両親がおらず、残りの35パーセントは父親と母親のいずれかがいないと考えられる。

2.どんだけ食べるんだよ!
日本のアニメキャラの食欲は異常レベル。『ワンピース』のルフィは大食いで肉に目がない。『デスノート』のLは砂糖ばかり、『金色のガッシュベル!!』のガッシュ・ベルはブリならいくらでも食べられる。

ほかにも『一騎当千』の孫策、アルコールでいえば『エヴァンゲリオン』の葛城ミサト、『風まかせ月影蘭』の月影蘭、『うたわれるもの』のカルラ、『あずまんが大王』のゆかり先生など枚挙にいとまがない。

3.女子、女子、女子、身の回りに女子が多すぎる!
保護者不在の家に未成年だけで住んでいるというのは、どういう状況なのか。しかも男子が複数の女子と一緒に住んでいるだと!? 

いわゆる「ハーレムもの」の代表的な作品は『ラブひな』、『ハヤテのごとく!』、『ハイスクールDxD』、『天地無用!』……などなどその他160作品! 思春期悶々の中高生男子が女子と住んでいても、何事も起きないというのにも驚きだが、それ以上のこの数字も驚きである。

4.主人公がシャイすぎる
「日本のアニメでは、少年が魅力的な女子に囲まれつつもなぜ貞操を守れるのか」

おそらく主人公の極度にシャイだからだと見られている。女の子が少しでも積極的な行動に出ると、鼻血を噴いたり、気絶したり叫びながら逃走したり……『ハイスクールDxD』、『To LOVEる』、『おねがいティーチャー』などにに見られる。

5.転ぶ → 女の子の胸の上にダイブするという法則
日常生活で人にぶつかることはあるかもしれない。それで転んでしまうこともあるかもしれない。しかし、日本のアニメでは男女がぶつかると、転んだ拍子に男子の顔が女子の胸の上にダイブするのだ。

顔以外にも転んだ拍子に男子の手が偶然女子の胸に触れてしまういうパターンもある。人は転んだらまず手を地面に着くものではないのか。一体、あれは何なのか。

6.電車内の痴漢
劇中の電車やバスのシーンに登場するビジネスバッグを抱えた疲れたサラリーマンは痴漢であることが多い。

7.ツンデレは必須!!
昔の日本のアニメのヒロインといえば優しく清楚で可憐! だが裏を返せばあまり個性のない少女が多かった。だが、現在、アニメで欠かせない属性はズバリ「ツンデレ」である。

『らんま1/2』のあかね、『ナルト』のサクラ、『エヴァンゲリオン』のアスカ、『フルメタルパニック』の千鳥かなめ、『鋼の錬金術師』などのウィンリィが代表だ。

8.少年が世界を救う
日本はどんな危機が訪れても自衛隊もスーパーヒーローもゴジラも必要ない。10代の少年がいればそれでOKなのだ! 未成年に未知の生物と戦わせるとはけしからん!!

作品としては『エヴァンゲリオン』『ナルト』『ワンピース』『コードギアス』、ガンダムシリーズ……などなど。もう日本には24歳以上の人間が絶滅したかの錯覚に襲われる。

9.第6~8話あたりに温泉シーンが入る
日本のアニメでは大体第6~8話あたりに女子の温泉シーンが入る。大人が見るアニメだけではない。子供向けの『ポケットモンスター』や『ロックマン』にも登場している。

10.オープニング曲で必ず走る
かなりのアニメのオープニングで登場人物はダッシュをきめている。何故なのか?

以上である。

この記事に海外ユーザーからは「確かに」、「あと“幼馴染”設定も多いな!」、「心を無にして受け入れると気にならないよ(笑)」などと共感を呼んでいる。

放送時期や文化の差によるとらえ方の違いから「そうとも限らないでしょ?」と思う人もいるかもしれない。だが、これだけ分析されているのは、嫌になるほど見ているという証拠! むしろ愛あるツッコミにも見えてきたぞ。やはり日本のアニメのパワーは想像以上だ!!

参照元:iO9(英語)
執筆:沢井メグ
photo:Rocketnews24.