r-130501

韓国ドラマは俳優たちの身振り手振りが大きく、喜怒哀楽をはっきりと出すのが特徴だ。そんな韓国ドラマのなかでも、現在MBC(韓国文化放送)で放送中の朝の連続ドラマ『愛したみたい』は、俳優のリアクションが飛び抜けている。

特に2013年4月1日に放送された喫茶店のシーンは、朝から多くの視聴者を仰天させた。韓国ネットユーザーは「なんだこりゃ」「ひでえ」などコメントしている。一体どんなリアクションだったのだろうか?

話題となっているのは、男性が女性から衝撃の事実を知らされるシーン。その女性には「イェナ」という名前の娘がいるのだが、実は自分の子どもではなく、別の女性「ソンジョン」の娘なのだと告白する。

「イェナ、ソンジョンの娘です」という言葉を聞いた男性は、衝撃のあまり口に含んでいたオレンジジュースをジュルルーー!! ドボドボーー!! と吐き出した。口には結構な量のジュースが入っていたのだが、それをコップにズルズルと戻したのである。まるでコントのような展開に、韓国ネットユーザーは驚きを隠しきれない様子。

・ドラマを見た韓国ネットユーザーの反応
「はぅっ!!」
「ひでえ」
「オモッ!!」
「再利用するのか」
「誰が制作したんだ?」
「すごく面白い」
「なんだこりゃ」

などとコメント。シリアスなシーンのはずなのに、視聴者は大爆笑したようだ。また、これ以外にもこのドラマには話題のシーンがいろいろとある。とある女性が怒りのあまり、体をブルブル震わせながらヒステリックにギャーッ!! と喚きまくるシーンや、ビーフジャーキーをひたすら食いちぎるシーンなども話題となっている。

その甲斐あってか、ドラマは現在朝の連ドラ枠で視聴率一位を獲得し、高い人気を誇っている。感情をむき出しにする韓国ドラマは、日本のドラマにはない面白みがあるかもしれない。

執筆:林由美
参照元:Youtube

▼ シリアスな場面、衝撃告白に男性がジュースドボドボー!

▼ 怒りのビーフジャーキー食いちぎりまくり!

▼ 怒りの大絶叫!