working1
インターネット上に違法にアップされているアダルトコンテンツ。その取り締まりは、まさにイタチゴッコである。アダルトコンテンツに一際厳しいと言われている中国でも取り締まりに苦慮しているようだ。

中国のセキュリティ会社がこの状況を打破すべく、ある人材募集を始めて話題になっている。その名も「首席エロサイト鑑定士」! 膨大な情報の海のなかから、いち速くアダルトサイトを見つけるという仕事である。職務としてアダルトサイトを探すことができ、しかも福利厚生もバッチリと、世界中から応募が殺到しているそうだ。

・エロサイト鑑定士こと「首席淫穢色情鑑定官」の募集内容
【募集職種】首席淫穢色情鑑定官
【勤務地】北京
【待遇】年収20万元(約320万円)
【仕事内容】アダルトサイトの迅速な判別
【求める人材像】
1.世界各国のアダルトコンテンツの判断基準を熟知していること
2.中国国内法のアダルトコンテンツの判断基準、明文化された規定を熟知していること
3.中国のインターネット、及び通信事業者におけるアダルトコンテンツの判断基準に熟知していること
4.大卒以上、20~35才、性別は問わない
5.協調性があり、責任感が強いこと
【福利厚生】
1.各種保険完備、食事補助、交通費補助、通信費補助あり
2.書籍購入費負担(実費)、毎日フルーツとヨーグルトを支給
3.健康診断(年1回)、誕生日、結婚、出産祝いあり

・募集に対するネットユーザーの声
「神仕事!」
「名前がカッコイイ!」
「無職の男子必見!!」
「フルーツとヨーグルトを食べながらエロサイト探しなんて最高だ!!」
「競争率高そうだなぁ」
「おおお、この世にこんな素晴らしい仕事があるのか」
「俺、なんで大学に行かなかったんだよぉぉ!」
「“アダルトサイトの迅速な判別”が鍵だな」
「つに俺の出番が来たか」
「これで俺も一人前の社会人になれそうだ、政府に感謝!」
「ちょっと応募してくる」
「履歴書送ってみた」

などなど、仕事内容もさながら、福利厚生の良さも注目を浴びている。

この募集をかけたセキュリティ会社「安全連盟」によると、募集開始からたった2日で1名の募集に対し数千名もの応募者が殺到しているそうだ。

当初は1名の募集だったが、安全連盟のスタッフによると採用人数の増加も検討中とのこと。なお、海外からも多数応募があるという。興味のある人はチェックしてみてもいいかもしれない。

参照元:Sina Weibo @安全連盟オフィシャル(中国語)
執筆:沢井メグ
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]