zhengen1

北朝鮮が準備しているというミサイルは、日本海、及び南太平洋に向かって発射の準備が整っているとされている。秒読みだと言われつつも、最有力視されていた4月10日にも発射されることはなく現在にいたっている。

ミサイルが発射されないのは、武力をチラつかせて、諸外国から有利な交渉条件を引き出す作戦ではないかと言われているが、ある海外サイトが “驚愕の理由” を発表し話題となっている。なんと「Windows95で動作していたミサイル発射プログラムが、Windows8上で動かなくなったため」というのである。

この何ともマヌケな理由を報じたのは『THE NEW YORKER』である。その内容は以下の通りだ。

「北朝鮮ミサイルプログラムの昨年までWindows 95で作動していたが、Windows8で動作せず保留状態に。現在、Windows8のサポートを受けているが、この件に関し、キム・ジョンウン氏は大激怒。マイクロソフトへの宣戦布告も考慮中だという。一部政治アナリストはミサイル発射は無期限延期になったと見ているそうだ」(要約ここまで)

この内容について、日本のネットユーザーは

「ワロタ」
「馬鹿だww」
「時代遅れすぎるwww」
「ネタじゃないの?」
「え?マイクロソフトが世界を救ったの?」
「Windowsでプログラムするんじゃねーよ」
「ゲイツの罠。。。」
「これは本当なん?」

と、半信半疑である。

しかし、この記事が掲載された『THE NEW YORKER』はフィクション小説やジョーク記事などで有名な雑誌の電子版だ。しかも、著者であるAndy Borowitz氏は諷刺コラムで有名な人物。この記事もピリっとスパイスがきいたジョークだろう。

だが、相手は北朝鮮だ。何を考えているかわからないだけに、多くの人が「ありそう」と感じたものと思われる。現在、偵察衛星によるとミサイルは上空を向き、発射秒読み段階だといわれている。しかし、それも交渉を有利に進めるための偽装工作だという見方も強い。事態は一体どうなるのだろうか。 

参照元:THE NEW YORKER(英語)
執筆、イラスト : 沢井メグ