そんなバカな!? そう声を上げてしまいたくなるような事件が、海外で大きな話題になっている。アルゼンチンのとある男性が国内最大のバザールで、二匹の「プードル」を買った時の話である。

その男性は150ドル(約1万5000円)という激安価格でゲットした2匹のプードルを家に持ち帰り、こう思った……。

「このプードルたち、どこかおかしいぞ……」

そしてワクチン接種のため、獣医のところにプードルを連れて行ったところ、その直感が的中していることが判明。なんとプードルだと思っていたその二匹の動物は、実はフェレットだったのだ! ウソーーーッ!

二匹のフェレットは、出生時にステロイドが打たれており、それによって犬並の大きさにまで成長。またプードル特有のふわふわヘアーを作り出すために、グルーミングもしっかり施されており、完全に客を騙すための工夫がいろいろと行われていたのだ。

この驚愕の偽プードル事件には、多くのネットユーザーが衝撃を受けており、以下のような反応を見せている。

・ネットユーザーの声
「気付けよばかやろうwww」
「かわwwwwいいwwww」
「いや、なんかすごく無理がないかこれ…w」
「ふわふわ~w」
「これのどこがトイプードルに見えるんだ…?小さいアルパカみたいに見えるww」
「いくらなんでもこれはわかるだろww」
「気付けw 顔が犬じゃないww」
「これは騙される方が悪いんじゃなかろうか…。とりあえずモフモフしたい」
「まぁこれはこれで可愛い」

一般的にアメリカでは、子犬のプードルは1000ドル(約9万9000円)以上で販売されており、フェレットの通常価格は75ドル(約7000円)である。これらの事情を踏まえると、今回のアルゼンチン男性がいかにぬか喜びし、いかに落胆したかがジワジワ伝わってくる。

ちなみにこのような偽プードル事件の被害に遭ったのは、この男性が初めてではない。驚くべきことに以前、チワワだと思って買ったら、実はフェレットを買わされていた女性がいたようなのだ! うーん、世の中にはいろんな偽物が出回っているようである。みなさんもプードルやチワワと勘違いし、フェレットを買ってしまわないようくれぐれも注意していただきたい。

参照元:Daily Mail(英文)
画像:flickr/jikatu
執筆:田代大一朗

▼子犬のプードルは通常こんな感じ
Caniche Toy | Poodle |



そして今回アルゼンチン男性が、プードルと思い込み購入したフェレットがこちら!









▼こっ、これは……
2
▼全然プードルじゃない……
3

▼ニュースにもなっちゃいました!