412412214214212

女性にとって、ブラジャーは必需品ではないでしょうか。しかし着用に関して、非常に興味深い主張をしている研究者がいます。

その人物によると、「乳ガン」はブラジャーを着用する文化でのみ発症する病気であり、ナチュラルヘルスの専門家の多くがブラを着けないことを推奨しているそうです。さらにGカップ以下では、ブラ着用はあまり意味がないというのですが、どういうことなのでしょうか?

医療人類学の権威シドニー・シンガー氏は、著書『Dressed to Kill』(ソーマ・グリスメイジャー氏と共著)のなかで、ブラジャーが乳ガンの発症率を増大させていると指摘しています。彼らの考えでは、ブラは胸に近い位置にあるリンパ管の流れを圧迫し、循環の妨げになっているとのこと。

英国専門家ロバート・マンセル教授が行った調査でも、ブラなしの方が良好な結果が得られたことが明らかになっています。100人の女性を対象に三カ月間、ブラあり・ブラなしの生活を比較したところ、ブラなしの方が胸の痛みを訴える率が低くなったそうです。

マンセル教授は「ブラを着けることの医学的な利点は、ほとんど認められない」としています。またGカップ以上であれば、日常的にブラを着けていることが望ましいようです。それ以下のサイズは、ブラジャー着用のメリット(形を整える・肩や背中の負担軽減)をあまりいかせないとのこと。とはいえ、外出時には着用した方が良いようです。

とにかく女性にとっては日常的な問題。人目に触れない範囲で、解放感を楽しむと良いでしょう。

Model:神谷えりな
参照元:TNTpages.com,Mailonlone(英語)

41241221421421