cocacola

「タダでお金が出てくるATMがあったら……」なんて考えたことはないだろうか。キャッシュカードも必要なく、自分の口座からではない現金をもらえるマシーン。「そんな夢のような話なんかあるわけない」と思ったみなさん、それが世界には存在するのである。

YouTubeにアップされた動画「El Cajero de la felicidad.」には、突如街中に出現した赤いATMから、人々が実際に現金を受け取る姿が捉えられている。しかも驚くべきことに、タダで現金を手に入れた人たちだけでなく、この街の市民や動画を見た世界中のネットユーザーたちまで愛と感動に包まれているという。一体、これはどういうことなのか……。

実はこれ、コカ・コーラ社による「シェア・ハピネス」というキャンペーンの一環なのだ。深刻な経済危機に陥るスペインの街数カ所に、特別に作ったATMを設置。その画面上には、「キャッシュカードなしで100ユーロ(約1万2000円)を手に入れよう」と表示されており、「YES」か「NO」を選択するようになっている。

これに気付いた人々が「YES」を選ぶと、今度は「みんなと分け合うことが条件です」と表示される。さらに、「どのような方法で分けたらよいか、アイデアが欲しいですか?」と聞かれ、「YES」をタッチすると他の人に幸せを分け与える方法がいくつか提案されるようになっている。

そのアイデアは様々で、「赤ちゃん連れの人にオムツを買ってあげる」「近所に住む人にプレゼントをする」「道行く人に食べ物を配る」……など、それを受け取った人が嬉しくなり、ちょっとした幸せを感じられるような内容になっているのだ。

そして最後に、ATMから一枚の封筒が出てくる。中身は現金100ユーロと、「この体験を世界中にシェアしてもらえると嬉しいです」と書かれた紙。もちろん、お金を手にした人々が指示に従う保証はないし、そうしなければならない義務もない。彼らは好きなように100ユーロを使うことができるのである。

それにもかかわらず、タダで現金を手に入れた多くの人が他の人々と幸せを分かち合い、その内容を撮影して世界中にシェアしているのだ。動画は、ATMを見つけた人々の反応と、実際に良い行いをして自らの体験を公開した人々の様子をまとめたものなのである。

これがコカ・コーラ社の宣伝活動のひとつであることは明らかだ。しかし、それでも「現金を受け取った人」「幸せを分けてもらった人」「動画を見て感銘を受けた人」のそれぞれに幸せが伝播されていき、心温まる体験となったのである。企業の宣伝としては、なんとも粋なアイデアではないだろうか。

参照元:YouTube ConoceCocaColaHuffington Post(英文)