yubiwa

人間とは愚かな生き物である。高い知能を持っているはずなのに、ときに考えなしに行動し、それがとんでもない事態を招く。

ある日、16才男子が自身の性器に指輪をハメて就寝したそうだ。翌朝、そのまま勃起。だが、指輪がハマっているせいで性器はうっ血を起こし、レスキュー要請をする事態になっていたのである。

事故が起きたのは中国。少年は出稼ぎのために河南省に出てきていた。現地に来て3日目の夜、少年は眠ろうと横になったところ、なんとなくつまらなくて指輪を自身の性器にハメてみたという。そしてそのまま眠りについたそうだ。

翌朝、悲劇は起きてしまった。指輪がハマったまま性器が膨張していたのである。膨張自体は夜間陰茎勃起現象、いわゆる朝立ちであり、正常な生理現象だ。だが、そこに指輪がハマっていたため、性器は血行不良を起こしてうっ血。赤く腫れあがっていた。

少年は焦って指輪を外そうとした。だが、指輪は引き抜こうにも微動だにしない。彼は近所の診療所に駆け込んだが、診療所ではこんな症例は初めてだ。どうすることもできずついに消防に通報した。

少年は別の病院に運ばれ、ベテラン消防隊員がピンセットなどを用いてゆっくりと慎重に指輪を切断したという。処置が始まって30分、少年はようやく指輪から解放された。処置にあたった消防士は「あと少し遅かったら大変なことになっていただろう」「特殊な部位なので細心の注意を払いました」と振り返る。

加えて、性器など敏感な部位には絶対に指輪をハメたりしないように、また、万が一このような事態が起こった場合、力ずくで抜かないよう呼びかけいる。せっけん水など潤滑油を使って外すという方法もあるが、難しい場合は無理せず病院に行くかレスキュー要請をしてほしいとのことだ。

なお、少年は、長時間にわたり指輪がハマっていたため、摩擦で皮が破れており、さらなる検査が必要だという。軽い気持ちがとんでもない事態を招くこともある。人類は、二度と同じあやまちを繰り返さないよう心に留めておくべきだろう。

参照元:新浪遼寧(中国語)