2144124124

2013年2月23日(土曜日)の夜、インターネットコミュニケーションサービス『Twitter』に無差別殺人を予告する書き込みがされ、物議をかもしている。

インターネット上に犯行予告を書き込みして逮捕された無法者は多数いるが、今回は時間と場所、そして殺害方法を明確に書き込みしていることから、非常に危険極まりない状況といえる。以下は、この人物による犯行予告の引用文である。

・この人物による犯行予告
明日の13時に名古屋駅にいる人間を片っ端からナイフで切りつけます 楽しみにしていてください ちなみに身体にはダイナマイトを巻きつけているのでいつでも爆発をおこせます(引用ここまで)

・2月24日(日曜日)13時の名古屋駅に注意
この書き込みは2月23日にされたものなので、「明日」は2月24日(日曜日)を意味する。つまり24日13時に名古屋駅でナイフで人を切りつけると予告しているわけだ。

・Tiwtter上のハンドルネームは「とうか」
この人物の本名は不明だが、Twitter上では「とうか」というハンドルネームで犯行予告をしている。Twitter ID は @RFToka である。書き込み内容から推測するに、けっこう若い年齢だと思われる。

・絶対留置所なんていかねえ
さらにこの人物は「俺初犯だからすぐでてこれる」や「俺は絶対留置所なんていかねえかんな!」、「留置場って一度入って中見たい」とも書き込みしており、モラルに欠けた考えをしているのがわかる。

・名古屋駅に出かける人たちは注意
その後「二度とこのような軽率なツイートはしません 本当に申し訳ありませんでした」ともコメントしているが、異常な書き込みをしている人物を信用することはできない。犯行予告があった名古屋駅に出かける人たちは注意したほうがよいだろう。

・世の中物騒すぎる
この犯行予告に対してインターネットユーザーたちからは「世の中物騒すぎる。 みんな気を付けて」や「やべぇよやべぇよ」、「拡散しときましょか」、「立派な犯罪です。あなたみたいなクズは逮捕されなさい。だれかが警察に通報するでしょう」などの声が出ている。

・厳戒態勢で犯行を防いでもらいたい
あまりにも物騒な犯行予告だが、複数のインターネットユーザーらが警察に通報済みのようだ。警察やガードマンによる警備を強化し、厳戒態勢で犯行を防いでもらいたいものである。

参照元: Twitter / RFToka.

4434335