meteoufo

2013年2月15日、ロシアのウラル地方上空で隕石が爆発しました。被害は甚大で1000名以上がケガをしたと報じられています。その隕石の飛来に関して、同国のインターネットユーザーの間である噂がささやかれているようです。

それは、隕石をUFOが撃墜したというもの。真偽は定かではありませんが、噂の根拠となっている動画を見ると、たしかに隕石を射抜くような閃光が写っているように見えます。これは一体!?

隕石が飛来したのはチェリャビンスク近郊のジェプタツキー村です。世界中で報道されているように、隕石の及ぼした影響は計り知れません。爆発による衝撃波で、建物の窓ガラスは破れ、飛散したガラスで約1200名が負傷したと言われています。

しかしながら、空中で爆発し湖に落下したため、被害は最小限に食い止められたとの見方もあります。

さらに最近では、UFOが隕石を撃墜したと見るネットユーザーさえいます。検証動画を見ると、たしかに隕石を追跡するような光が突然あらわれて、そのまま隕石を射抜いているように見えます。その直後に爆発が起きているのです。これは本当にUFOの仕業でしょうか?

なお、この動画について海外ネットユーザーからは「マジだ!!」「またエイリアンに助けられたな」など、肯定的な意見がある一方で、「仮にUFOだとしても、撃ち落し損ねてんじゃねえか」「ロシアのミサイルに決まってる」など、UFO説を否定する声もあります。

いずれにしても、何かが隕石を射抜いているように見えるのですが……。あなたはどのように思いますか?

参照元:LiveLeak darktt,Youtube FreshFailsblog WeWi11Survive

▼ 問題の検証動画